2014年06月01日

洸クンが攻撃的になってから一気に面白くなってきた  「アオハライド / 咲坂伊緒」最新第10巻発売!

img364.jpg【ネタバレあり】
ハラマキにデカデカとあるように、7月期からのアニメ化に続いて12月には実写映画化も決まって、ここにきてメチャ盛り上がっている「アオハライド」の最新第10巻を購入。
前作の「ストロボエッジ」が秀作だったので「アオハライド」も第1巻が出たときから「大ヒット間違いなし」と断言してしまっていたが、本当に「大ヒット」になってしまった。
名作「ストロボエッジ」でさえ、VomicやドラマCD止まりだったのに、この「アオハライド」が、これだけメディア化されるのは、ちょっと不思議だが、やはり「ストロボエッジ」で築いた実績も評価されての事だろう。
「アオハ」は、ヒロインの双葉にイマイチ魅力がなく、もう少しで好きな「洸」クンと気持ちが通じ合えたのに優柔不断でフラフラしていて、明らかなアテ馬の「冬馬」とつき合わせたり、ちょっと展開がダルくてそれほど面白いと思わなかった。
ところが、最近「洸」クンが自分の気持ちを隠すことなく、双葉に攻勢をかけ始めてから、とても展開がスリリングになり、目が離せなくなった。
アニメや実写版で、まだ連載途中の原作をどのあたりまでやって、どう処理するのかは、かなり難しいと思うが、アニメ版はやや楽しみである(東出昌大演じる、劇場版の「洸」クンには余りに無理がありすぎて、違和感大でちょっと見たくない感じ)。
posted by judas at 00:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398389118

この記事へのトラックバック