2016年09月27日

今頃「宇宙を駆けるよだか」のアクセスが急上昇しているのは「君の名は。」効果か?

img488.jpg何故か今頃、過去にアップした「川端志季」の「宇宙を駆けるよだか」の全ての記事のアクセス数が急上昇している。
どうしてなのか調べてみたら、マンガダウンロードサイト(スマホのヤツ)で、現在一巻だけが無料で読めるらしい。
全3巻の内の3分の1が読めてしまうのだから豪華。
その続きのネタバレが皆さん知りたくて検索した様。

そしてもう一つ有力なのが「君の名は。」効果説。
「君の名は。」の歴史的大ヒットで「高校生の中身の入れ替わりモノ」が探されているのではないか。
探しているのは、単に映画を見て感動した人たちかも知れないし、二匹目のドジョウを狙う業界の人々かもしれない。
「宇宙を駆けるよだか」は、冒頭では見た目の良い女の子とそうではない女の子の中身が入れ替わってしまう。
そして、仲間達がそれをもとに戻すためにいったん男女で入れ替わったり男同士で入れ替わったりと、大変な苦労(?)の後、元に戻るお話。
ひょっとして、アニメ化どころか、実写映画化の為のリサーチか?
posted by judas at 00:26| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 書籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば、マリリオンの新作「FEAR」の国内盤が発売されますね。彼らの音楽とこういう作品との相性ってどうなんでしょう?やっぱり歌詞が日本語じゃないとだめか。

ちなみに昨今寝ても覚めても流れている「前前前世」は、忘れもしない今から約15年前に、「あぁ、この曲と出会うために僕は今まで音楽を聴いてきたんだな」と悟らせた、JET KELLYの「夜の旅人」という曲に似ています。なんか複雑な気分。
Posted by fxhud402 at 2016年10月02日 16:25
参考までに:「夜の旅人」とはこんな曲。
https://youtu.be/xOriiS6rDSw

同じく代表曲のひとつ:「手の中の未来」
https://youtu.be/9lxd5fBAFoA
Posted by fxhud402 at 2016年10月02日 21:49
fvhud402さん、コメントありがとうございます。

マリリオンの国内盤が出るとは快挙です!
これのセールス次第で来日公演もあるかも。
私としては、来年のプログレフェスのトリじゃないかと。

確かに似てますね←前前前世、JET KELLYいいですねー。
Posted by judas at 2016年10月02日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック