2016年09月28日

今巻も強烈なヒキ!!  「早く完結巻の15巻を読ませて!」 「女王の花 / 和泉かねよし」単行本最新第14巻発売

img007.jpg【ネタバレあり】
前巻の第13巻から約7ヶ月のインターバルで順調に最新第14巻が発売された。
「亜姫」と「土妃」の決戦がついに始まり、武力戦、頭脳戦が繰り広げられる。
今回の目玉の一つは「土妃」のデブの愚息がメッチャ痩せてイケメンになってしまった事。
しかし、その後すぐに死んでしまう。
息子を亡くした「土妃」から家臣が去り、「亜姫」の策略で絶対多数だった「亜国」軍が敗走する。
ほぼ勝利を手中にした「亜姫」と「薄星」は崖から転落し急流に流されて逃げ延びたところを敵軍に囲まれたとろで、場面転換。
長い時間が流れ最終4ページで「女王」と呼ばれる女性(亜姫?それとも亜姫の娘?)とその娘?名のかも知れない「春琴」と呼ばれる女の子が登場してヒキ。
今までも「凶悪」とも言えるヒキが多数あったが、完結前の14巻も今まで史上最も強力なヒキが!
15巻はこの間の説明で費やされると思う。
そして、この大河歴史ロマンも遂に次巻15巻で完結となる。
posted by judas at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック