2016年12月29日

「春の呪い / 小西明日翔」最新&完結第2巻発売! 姉と彼氏の仲を激しく嫉妬する死期の近い「春」の怨念が圧巻。

img077.jpg【ネタバレあり】
今年の6月に第1巻を平台でたまたま見つけて、すっかりハマって第2巻を心待ちにしていた。
絵柄の好き嫌いは大きく分かれると思われるが、人の業の深さ(?)を知り得る、意外に奥の深い作品だった。
まさか「このマンガがすごい!2017」(オンナ編)の2位に入る程の人気を得るとは全く思わなかったけれども。

病気で死んだ妹「春」の彼氏と付き合い始めた「夏美」は、妹への罪悪感とその彼氏「冬吾」への思いに悩む。
「冬吾」は当初から、親の薦めた「春」よりも姉の「夏美」に興味があった。
「夏美」も好きな(愛している?)妹の「春」を自分から奪って行く憎い男、と思いながらも「冬吾」が気になっていた。
第2巻では「夏美」が、「春」が仮名で生前アップしていたと思われるSNSを発見する。
「春」は入院中から「夏美」と「冬吾」がお互いに好意を持ち合っている事に気付き悩む。
SNSには「姉を地獄に道連れにしてでも、彼には生きて幸せになってい欲しい」と書き込む程、嫉妬に苦しんでいた。
そんな時「冬吾」が交通事故に合い、「夏美」は病院に駆けつけ自分の気持ちを偽れなくなり二人は、背徳感に苛まれながらも愛し合う。
普通なら、自分の死後姉に付き合っていた彼氏を取られる「春」に読者の同情が集まりそうなものだが、余りに嫉妬が強くて、姉の「夏美」に感情移入してしまう。
よくある題材ながら、絵柄の特殊さ(?)も相まってメッチャ引き込まれた。
たまたま平台で見つけた割には大収穫だった(好みは分かれると思うが)。
posted by judas at 01:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック