2010年04月11日

「クッキーって呼ぼう」  ハマる茎わかめ

茎わかめ.JPG「SKET DANCE」の椿クンが食べていて(勿論マンガの中で)、美味しそうだったので、試しに買ったら激ウマだった。
梅風味でしゃきっとした食感が良い。
緑色で手で触るとベタつく厚みのある海藻的なモノで「都こんぶ」みたいに乾いていて粉がふいているのとは、ちょっと違う(この説明でイメージ出来たらアナタは天才)。
よくわかんないだろうけど、とにかくオススメ。
ずっと昔からある物なのか、最近出来て、現在ブレイクしているのかは分からないが、色んなメーカーが出している。
お店としても「広告の品」としたり「レジ横」の目立つ場所に置いたりして、今売りたい商品のようだ。
パッケージには「おつまみ」って書いてあるけど、スナック感覚でもイケると思う。
女子中高生なんかが椿クンのように「クッキー」と呼んで広めたら大ブレイクするかも?
posted by judas at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | judasの食べ物レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

「インド人もしっとり」

県内の大きなショッピングモールには殆ど出店していて、我が家のヘビロテショップになっているKALDIで変なものを見つけた。
「しっとりカリーせんべい」というもので「ぬれせん」のカレー版みたいなやつなのだが、ふくろ上部に書いてあるコピー?があまりにも下らなくって、つい買ってしまった。
「インド人もしっとり」だって。
ぎゃはっはは、バカでー。
勿論これのオリジナルは、S&B?あたりのインドカレーのコピーで一世を風靡した「インド人もビックリ」だ。
相当昔の話なんで、若人の皆さんは知らないかも知れないが。

KALDIで売っていても、千葉県のメーカーが作ったれっきとした国産品。
醤油味とカレー風味のバランスが絶妙で、私的にはかなり美味しいと思った。
ヘタすりゃ結構売れるかも。

しっとりカレー.jpg
posted by judas at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | judasの食べ物レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

もし、袖ヶ浦市 長浦に行くことがあったら「楽々亭」を訪ねて欲しい

もし、千葉県の袖ケ浦市あたりに行くことがあったら、是非「楽々亭」というラーメン屋さんを訪ねて欲しい。
最近、初めてそこを訪ねたが、PM5:00〜AM3:00というラーメン屋らしからぬ営業時間の割には、お客さんがどんどん来て、結構繁盛している様に見えた。
夫婦二人で切り盛りしているのだが、その二人の人柄に惹かれて常連になった人も多いのでは。
実は、私の高校時代の同級生が一昨年に開業したお店で、その彼がお金を取るに値する品々をきちんと作っている事や、酔客の相手を上手にこなしている姿は少し感動的だった。
同級生に社会的地位の高い者や医師など社会貢献に努めている者も多いが、自分の夢を叶えた彼も「成功者」である。
おっと、味について言及し忘れたが、贔屓目なしで相当イケる。
メニューも研究を重ねて増やしているという事。


【楽々亭】
営業時間 PM5:00〜AM3:00(月曜日休業)
千葉県袖ケ浦市長浦駅前7丁目20 (平成通り沿い、MITSUI GS隣)

楽々.JPG
posted by judas at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | judasの食べ物レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ぬれ煎がクル!

今日都心ですれ違ったOL達が「ぬれ煎、発明した人って天才だよね」と言っていた。
おー、私と同じ意見の人達がいたとは!
ここ数年では「青色発光ダイオード」と並び称されるくらいでは?
勿論、ぬれ煎そのものは、結構昔から煎餅屋は作っていたが、袋菓子になって売られ始めたのは割と最近であろう。
国内有数の煎餅生産地である我が地元は、固焼きがトレードマークらしいのであまり煎餅屋の店頭で見ないが、スーパーなどではメチャ売れている様。
特に私はこの「半干しぬれ煎」が好き。
このディープな味と柔軟な歯触りは新食感。
煎餅はパリっとした歯ごたえが命、という固定観念を打ち破った素晴らしい食べ物。
その内「決して湿気ているのではありません」という但し書きも不要に成る程普及する事だろう。
posted by judas at 22:30| Comment(4) | TrackBack(0) | judasの食べ物レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする