2014年08月31日

サッカーの試合場にAndy WarholのバナナTシャツを着て行ったら人種差別になるか?

velvet under.jpgJリーグの試合中、横浜F・マリノスのサポーターがババナをピッチに向けて振った行為が、人種差別に当たるという事で、その観客及びマリノスに厳しい処分が下されたそう。
私は最初、「バナナ」と「人種差別」がどう結び付くのか分からなかったが、有色人種(特にアフリカ系など)を「サル」に見立てて侮辱すると言う意味合いらしい。
アジアの島国である日本では、歴史的に見下すのは近隣のアジア諸国が多く、遠く離れたアフリカ系などは、むしろ「ブラザー」などと呼び「格好良い人達」としてファッション的に憧れる事さえ多いので不思議だったが、この「バナナを振る」という行為は、どうやらヨーロッパ等の不良サポーターの「サル真似」らしい。
だから、日本人の方が「サル」と言われて揶揄されるならわかるのだが。
むしろ「人種差別」の意識がなくとも、外国の悪習をそのまんま真似する日本人の行為が恥ずかしい。
ただ、この「バナナ」はどこまで「人種差別」にあたるのだろう。
私は、Andy WarholのデザインしたVelvet Undergroudの1stアルバムジャケのTシャツを持っているのだが、こちらには全くその意図がなくとも、それをサッカー場(あるいはいわゆるアフリカ系の人々が参加するスポーツやコンサート等も)に着て行ったら「人種差別」にあたるのだろうか?
【ここからが本題】
実は、私の通っているスポーツジムにも色んな国の人がいて、そのV.UのジャケTシャツを着て行った時に(Jリーグバナナ事件の後)、アフリカ系ではなくアジアのインド周辺のやや色の黒い人達(スリランカ出身のウィッキーさんをイメージして欲しい)が、私の方をジーっと見て何か話していた。
それってやっぱバナナに反応したの?
やっぱマズいのかな?
Jリーグ事件の前から何度も着ていたが、その時はそんな反応はしていなかったと思う。
やはりもう着ない方がよいのだろうか?
こっちに全くそんな意図はなくとも、イヤな気持ちになる人がいたならばもう着て行くのはやめるが、過剰反応という気もするケド。
posted by judas at 21:38| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

「STAP細胞はありまーす」 小保方女史を現代のガリレオ・ガリレイにしてはいけないのでは。

stap.jpg画期的な細胞研究の話が、下らないワイドショーにドロドロに冒されていくのが、非常に腹立たしいのでSTAP細胞の件は、シカとしようと思っていたが、どんなニュースでもたっぷりと時間をとってやっているので、いやでも耳や目に入ってしまう。
大体「STAP細胞」がどういうものか全く分かりもしないのに、オボカタ女史が最初の会見で付けていた指輪や、彼女が実験の時に使っていた割烹着が、即売り切れたりする、一般大衆の反応には頭に来てた。
今日の会見も、視聴者の好奇心を満たすだけの魔女裁判的ものになるかと思っていたのだが、私は小保方氏の発言にとても科学的(化学的?)ロマンを感じてしまった。
自分の研究方法や論文作成の未熟さを認めた上で「STAP細胞はありまーす」と声高に宣言した時に、ガリレオ・ガリレイが裁判で「それでも地球は回っている」と呟いたと言われる(真偽の程は定かでないらしいけど)例の話を思い出してしまった。
stap 2.jpgあの時の表情を見て私は「ああ、本当にSTAP細胞をこの人は作ったと信じているだなあ」と思った。
ひょっとして、今はまだ小保方氏にしか見えていないのかもしれないけれど.....。
地動説は現在では小学生未満の子でも知っている「常識」なのだから、「STAP細胞」も50年後位には「夏休みの自由研究で小学生が作るくらい当たり前のもの」にならないとは誰も言い切れない筈だ。
その頃になって「ああ小保方さんはやっぱり正しかった」と言われるのだ、きっと。
「STAP細胞発見」のニュースを聞いて希望を持った、病と戦う人達の為にも、周囲の保身や嫉妬や功名心によって偉大(になるかも知れない)な研究が妨げられるのは、我慢が出来ない。

☆ちなみに上の画像はjudasがネットで拾ってきて「コピぺ」したものです、って一応言っとく。   
posted by judas at 00:15| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

「Hello Old Friend / ERIC CLAPTON」

ハローオールドフレンド.jpg日曜日に、高校時代の同級生達と会った。
実に、二十数年ぶりの再会だった。
私は、大学在学中引越しが連続したりして高校卒業後2年程でそのクラスの人達と音信が不通になった。
皆も散り散りバラバラになっていると思ったら、なんと、私の2〜3年生の時のクラスは卒業以来、現在まで毎年同窓会を続けていたと言う。
そして、その度に「行方不明」(本人は普通に暮らしていただけなのだが)の私が話題になり、去年くらいから本格的に探し始めたそうで、ついに今年6月末に私を発見出来たと言う事。
私に辿りつくまでの過程は、非常に困難でドラマティックだったそうだけど、非合法スレスレ(本人談)らしいので、ここでは詳しく書けない(笑)。
危ない橋を渡って?まで、私を探してくれたなんて本当に「行方不明者」冥利に尽きる。
いくら感謝してもしたりない。

実際にみんなと会ってみると二十数年の歳月なんて一瞬で吹っ飛び、私の心は高校生になった。
昔していたようなクダらないバカっ話に笑い転げ、あっと言う間に時間は過ぎた。
私を探してくれた人は「同窓生というのは、クラスが同じだったというだけであり、趣味で繋がった関係や、仕事を通じた人間関係よりも、関係性が弱いかもしれないがいいものだと思う」と言ったが、「クラスが同じだっただけ」の『だけ』がこんなに素晴らしい、いやこんなに凄い『だけ』だったなんて!
本当に、本当に、楽しくてしょうがない時間だった。
偉大な同窓生達に感謝。


☆画像のジャケとタイトルから、クラプトンのレビューだと思った人、すんまそん。
posted by judas at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

結構いバンドだったぞ「V2」

V2.jpgPCをごく最近買い換えて、世間的に評判の良くないVISTAと、同じく評判の悪い某Vというパソの「ダブルV」状態に。
某Vの購入動機はデザイン性のみで、デスクトップとノートの中間的フォルムは我が家の住宅事情にピッタリマッチして非常に快適。
但し、まだソフト等の環境が整ってないので、今より更にご無沙汰するかも(言い訳だが)。

そう言えば「V2」ってバンドがドイツ辺りにいたなあ...と関係ない事を思い出す。




↓名曲「Rock The City」 B級メタルの最高峰!
posted by judas at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

Thank God It's Christmas

sabbarh 4.jpg一昨年好きなクリスマスソングを真面目に紹介していたが、今年は曲そのものというより、どんな曲がクリスマスに聴きたくなるかについて。

☆なんとなく教会を連想させるもの。
黒魔術でもなんでもいいから、十字架や蝋燭が出てくる様なヤツ。
(例)Black Sabbath Judas Priest Slayer それと勿論Stryper
昔「クリスマスには、やっぱサバスが聴きたくなるねえ」と、言ったら爆笑されたが、私にとっては非常にクリスマス的。


また、教会→オルガンという短絡的発想から、ウエイクマン、エマーソンなどのキーボド物も。
モチ、YES,EL&Pも。


Queen 2.jpg☆なんとなく暖かい音色のもの。
これは、やっぱブライアン・メイのギターに尽きる。
しかも、彼のギターの「100年前の暖炉の木から、父親と2人で作った」というエピソードと、「暖炉」と言うキーワードが更に暖かい気持ちにさせる。







Beatles Д.jpg☆子供のころクリスマス時期によく聴いたもの。
クリスマスプレゼントで、ビートルズのレコードを買ってもらったりしていたので、やはりビ−トルズは外せない。
また、年が明けてお年玉でもビートルズは良く買っていた。
それと、Queenは70年代に年末時期によく新譜を発売していた(勘違いだったらすんまそん)記憶があり、ラジオで年末になると良くかかっていた。


総合すると、やっぱQueen=クリスマスのイメージが強い。
posted by judas at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

イノシシジャケ

〓〓〓〓〓[〓.jpg毎年我が家では、年賀状にその年の干支の動物に因んだジャケを使っている(戌年の今年は、RUSHのSIGNALSなど)のだが、イノシシジャケというのはまず見当たらない。
しょうがないんで、似たようなモノ(?)という事で、ブタジャケで妥協しようかという意見も持ち上がっている。
The Damnedの「ストロベリーズ」は内容的には最高(彼等のアルバムで2番目に好き)なのだが、年賀状的には如何なものか?

なんか良いイノシシジャケがあったら、教えて下さい。


明日は、幕張メッセでジャンプ・フェスタなので超早起き。



posted by judas at 22:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

鴨川シーワールド

〓〓〓×〓〓〓.JPG全国のシーワールド系でも老舗の部類に入る千葉県の「鴨川シーワールド」へ初めて行って来た。
敷地は広大という程ではないが、シャチ、アシカ、イルカ、ベルーガ(白イルカ)が各専用のスタジアムを持ち、ショーを演っている(わかりにくいけど画像左はイルカがジャンプしてる瞬間)。
水族館部門も結構充実しており、フィーディングタイム(餌の時間)には飼育員さんの解説付きで給餌風景が見られる。
やはりトド、セイウチなどの巨大な海獣類を真近で見ると迫力がある。

??Ь.JPGウチからは日帰り出来ない事もないが、3連休という事もありシーワールド内にある「シーワールドホテル」に宿をとった。
思いっきりのオーシャンビュー(砂浜ギリギリに建っている)だし、入園料がタダになるなど結構お得なので、オススメ。
鴨川というとシーワールド以外はなにもない辺鄙なところだと思っていたが、「プチワイキキ」と思える程、高層ホテルが沢山あって驚いた。

posted by judas at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

トレビア〜ン

〓〓[〓.JPG☆画像のCDは、たま〜に聴きたくなる(あくまでもたま〜に)BLACK GRAPEの2nd.
ショーン・ライダーって今はどうしているんだろう。

☆ランナウェイズで盛り上がっているのに、某ランナウェイズファンの方からの反応がない。
私をネットに引き摺り込んだその方のサイトは現在見られなくなっているし、大変お世話になったBBSも滞ったままで心配。




☆昨日の「踊るさんま御殿」と今日の「ダウンタウンDX」に「しょこたん」こと中川翔子が出ていた。
トーク番組という事で数多くのゲストを迎えているさんまだが、番組の8割方は自分で喋っているし、せっかくゲストが話し始めたのに腰を折って全部自分で持っていってしまう。
元々そういうコンセプトなのかも知れないけど、ならあんなに沢山のゲストを呼ぶなと言いたい。
さんまに比べると、あのダウンタウンですらゲストの生かし方が上手く見えてしまう。
中川翔子と楳図かずおは、これからセットで売っていくといいかも。

☆マジシャンのピエールは昔から我が家で評価が高かったが、やっとブレイクし始めた。
若手であれだけトランプ専門でやっている人は珍しい。
トランプ技術だけなら、すでにNo.1かも。

☆いよいよ今週の土曜に迫った「JGBプロジェクト」
去年初めて行ったけど、大好評につき今年も行く。
未明に出発しないと、大渋滞に巻き込まれそう。
posted by judas at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

Cat Scrtch Fever

直木賞作家の坂東眞砂子の子猫殺しが大きな話題になっている。
これに関して私の意見というのは特に無いのだが、ネコ愛好家の怒りが物凄いらしい。
一番凄いと思ったのは「坂東眞砂子に子供を産ませて(彼女は現在48歳)その子を崖から突き落とせば、ネコの痛みがわかる筈だから、彼女を妊娠させろ」という出版社へのクレーム。
怖えーよ。
ひょっとして、ホラー作家である坂東眞砂子のファンじゃないのか。
posted by judas at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

二世タレント

red.jpg先日書いた「中川勝彦」の娘さんの中川翔子のブログが面白い。
ギザオモシウス、って言えばいいのか(ちょっと違うな)。
楳図作品にハマって、水木しげる、つのだじろうと追求して行くうちにマンガすべてにハマったらしい。
絵もプロ級(雑誌に載せてるらしいからすでにプロか)だし、分野に関わらずマンガの読書量が凄い。
ゲームの知識もハンパじゃない。
知識が深くて広い人の話を聞いたり読んだりするのは、どのジャンルであっても興味深い。

ウチでは以前から言っていたのだが、いわゆる二世タレントのトークは面白いと思う(中川翔子は、二世タレントというより、たまたまおとうさんが芸能界にいた、という感じだけど)。
小さい時から、親に連れられて色々なところに行ったりして見聞が広かったり、また経済的な余裕がある為か、趣味に膨大なお金をつぎ込んでレアなコレクションを持ってたりする。
なべやかんは、映画関係のフィギュアに関しては世界的なコレクターとして有名らしい。
最近「Rock Fujiyama」に出た、高嶋政宏(兄貴の方)は以前からコアなロック・ファンとして有名。
特にクリムゾンの狂信的ファンで「スターレス」を自分のシングルのB面でカヴァーしている。
また、KISSグッズは300アイテム程持っていると言う。
KISS初来日の時は、父親の高嶋忠夫も付き添いで一緒に行って、ティッシュを耳に詰めていたそう。

二世タレントは、芸の上では親を越えられない人が多いかもしれないが、趣味の分野などではかなり博識な人がいて興味深い。

posted by judas at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

中川勝彦

??Я.jpgMott The Hoopleと私が高校生の時にやってたバンドに少しだけ共通点があるのを発見。
オープニングSEにホルストの「惑星」の中の木星を使ってた事と、ヘルプでたまに演ってもらっていたキーボの女の子が鍵盤の柄の服をよく着ていた事。

今朝TVに、あの夭逝した中川勝彦の娘というのが出ていた。
中川勝彦は、本田恭章なんかと一緒に洋楽ファンの女の子をも取り込もうという事で出て来たアイドル系のミュージシャン。
白血病で若くしてこの世を去ったが、娘さんが大成功している様で良かった。
で、その娘さんが真性ヲタクで、コスプレマニアであったり「こち亀」を全巻持っていたりする。
で、1日にブログを何十件も更新するそうで、真鍋かおりを凌ぐアクセスを獲得しているらしい。
共通の話題も多そうなので、今度覗いてみよう。
それにしても「中川勝彦」という懐かしい名前を耳にするとは思わなかった。


で、本日午後から恒例の帰省です。
暫くサボります(っていつもの事だけど。
posted by judas at 09:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

プールに行った

〓〓〓.jpgマスコミが亀田戦の結果一色になる直前まで、非常に大きなニュースになっていたのが、埼玉県の流水プールで小学2年生の女の子が吸水口に吸い込まれて亡くなった事故。
プールの水の事故というと通常、親が目を離した隙にとか、仲間同志でふざけあっててとか、体調不良なのに遊泳したとか、被害者サイドの方にも原因があるものも多いが、今回のは柵が外れたまま放置されていた吸水口に親の目の前で吸い込まれていったという事で、完全に100%プール側の責任。
まさに最悪のプール事故(人災)と言える。

実は今日最寄のプール(流水もある)に行ったのだが、同県内(そこそこ近い)の事故という事でプールへの人出が減るかと思いきや、猛烈な暑さという事もあり非常に混雑して賑わっていた。
尤も、あちらは市営で、こっちは県営という事で管理体制にも差があるのかもしれないが。
で、今日行ったプールではガムーテープを貼ってそこに「吸水口」があることを明確に示していた。
客側もいつもより心なしか、行儀が良い感じがした。
その「行儀の良さ」を続けてくれればプールももっと快適になるのに。

画像は、ただ人が泳いでいるというだけで使った「スポギ」ことスポーツギターのアルバム。
たまに聴くといい。
一時期はかなり誉めちぎられていたが、今はどこへ。

posted by judas at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

大長今

4dbd3c4d.JPGウチのごく近所をクルマで走っていたら「大長今」の文字が!
つい「♪オナラ〜、オ〜ナラ、オナラ〜ヨ〜」のメロが脳内に流れる。
興味の無い人には全くわからないだろうけど、これはあの「チャングムの誓い」の原題。
以前ここには、ラーメン屋さんか焼鳥屋さんがあった筈だが『韓国風焼肉店』になっていた。
ちゃんと「チャングム」というフリガナもフッてある(携帯のカメラのピント設定を間違っていたので、ボケボケになってしまった)。
こういうのって、許可とかないんだろうか?


先日、今期のドラマについて好き勝手な事を書いたが、地上波で地道に観ている「チャングムの誓い」はやはり別格。
現在は、斉洲島に島流しされていたチャングムが医女試験に合格し、再び宮廷に戻って訓練を受けているところ。
ラブストーリーがメインになりかけていた感じだったが、医女編も本格的に動きだしますます楽しみに。
posted by judas at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

YOU TUBE

今各所で盛り上がっている「YOU TUBE」だけど、ホントに「無い映像は無い」のではないかと思わせる位色んな映像が観られる。
ある方に教えて頂いたのだがGenesisファンなら皆観たいであろう、ガブ在籍時のシアトリカルなライブが何種類もある。
一例としてこれこれなんだけど、もっと画像が綺麗なものの沢山ある。

いつ何時、司直の手が入って観られなくなるか分らないというスリルも手伝って、麻薬的に観まっくてしまいそうだ。
posted by judas at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

Cadillac Ranch

Status Quoが、Bruce Springsteenの「Cadillac Ranch」をカヴァーしている。
私はBOX SETに収められて初めて聴いたが、83年発表の「Back To Back」制作時にレコーディングされていたものらしい。
で、この曲が小林旭の「自動車ショー歌」に酷似していると、以前からQUOのスペシャリストのくらげさんが御指摘されていて、それで小林旭のCDが欲しかった訳。
「自動車ショー歌」は昔々に聴いて結構印象に残っていたが、じっくり聴いてみるとかなり似ているのが分かる。
♪あの娘をペットにしたくって、ニッサンするのもパッカード♪っていうAメロ(?)のとこは全く同じ様に聴こえる。
ただ、シメの部分の「ここでやめても、いいコロナ」に当たるメロは「Cadillac Ranch」の方にはない。
逆に「Cadillac ranch」のサビ(?)の「Cadillac,Cadillac,Long And Dark〜」の部分は「自動車ショー歌」の方にはない。
実は私はBruce Springsteenは殆ど聴いた事がなく、中学生の頃「明日なき暴走」のシングルを買った程度なので(ベストのCDはウチにあるけど)、あまり強くは言えないがQUOのヴァージョンを聴く限りでは偶然というには、中心となるメロが似すぎていると思う。
またどちらも「クルマ」がテーマなのも不思議だ。

色々考えたが、
(1)これに似たメロを持つ古〜くからある作者不詳のトラッド(民謡?)のような曲があって、両曲ともそこからメロを借用したのではないか。
(2)ホントに偶然なだけ。
(3)スプリングスティーンがたまたま「自動車ショー歌」を聴いて強く感銘をうけ記憶に残っていたメロを、知らず知らずのウチに使ってしまった。

まあ、(1)とするのが妥当かも知れないが、何故「クルマ」という共通点が生まれてしまったのかは説明できない(そのトラッドもクルマを歌っていた?)。
ダビンチ・コードどころではない、音楽界の大きな謎だ(大袈裟)。
もし偶然にこれを目にした熱烈なSpringsteenファンの方、なにか情報をお持ちだったら教えて下さい。

ザ・リバー(紙ジャケット仕様)
「Cadillac Ranch」が入ってる「ザ・リバー」、勿論聴いた事がない。
ちょっと欲しくなったかも。



話は変わって
Anthology

たまたま、SAD CAFEの流れから某人との話に出来たアンブロージア。
大ヒットした「遥かなるロスの灯」というアルバムは邦題がカッコ良かったが、ここはまず無難にベストから買うべきか。
それとも、1stから行くべきだろうか。
posted by judas at 22:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

ちょっくら行ってきます。

遂に「JGOプロジェクト」決行前日。
現地からモブログするかも。
画像はイメージです。

posted by judas at 22:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

上野の桜

上野桜TVでやってたロード・オブ・ザ・リングにすっかり見入っちゃってもうこんな時間。
まあ、なんだかんだ言っても凄い映画。


今日は、上野へお花見。
桜も大量に咲いていたが、人の数がそれを上回っていたかも。

あ、そう言えば4月1日だったのに一個もウソつかなかったぞ。
posted by judas at 23:54| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

クレーンゲーム

ケロギロ今日はクレーンゲームにハマってしまった。
今までも、ゲーム機の前を通った時、これは絶対イケルというポジションにヌイグルミが来ている時はやっていたが。
昨日取ったケロロ軍曹のヌイグルミは、立たせる為に足元に台座が付いていて、そこに引っ掛ければ簡単にそうに見えた為、トライしたら結局6回目(500円で6回出来る)までかかってしまったが、結局取れた。
買えば500円以上しそうな物だから、収支はOK。
そして、今日も違う場所でこのケロロのクレーンゲームを探してみたけどなかった。
ポケモンキャラの大きなヌイグルミがいかにも取れそうなトコに置かれていたが、何度がっちり掴んでも重すぎて持ち上がらない。
どんな名人がいくらトライしても物理的に無理だと思われるクレーンゲームもあると思うぞ。

そんなこんなで、再度昨日と同じ隣の市までわざわざ行った。
当初の目算では少なくとも3回目で落下口まで持って来れる予定だったが、ヌイグルミが想定外の動きをした為、いくら台座がフックしやすいと言えども、1,000円かけてギロロ一個だった。
でも本当に良く出来ていて、立って敬礼する姿はナイスデザイン。


ケロドラちょっと前にアキバでゲットしたドラクエに出てくるモンスターのちっちゃいヌイグルミ(これは形状的に凄く難しかった)も、ウチの子に言わせると細部までとても再現されていて優れものらしい。
posted by judas at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

ライブドアやばいか

サンジライブドア、なくなっちゃうのか?
このブログ保存してないからヤバイかも。
でも、保存できるのか?
引越し先を決めておいた方が良いのかね。


話は思いっきり変わる。
今、マック(Appleでない方)のハッピー・セットのオマケのおもちゃは、ワン・ピースのキャラ(女の子とディープなマニアの人向けには、電車男にも名前が出て来たプリキュア」)。
今週はサンジとゾロで、腕を押すとサンジの足がグルグル回って、得意の足技が再現される。
ゾロは手にもったカタナが回る。
結構、優れものか。
土日連続でマック行ったので2個ずつあるぞ。


そして、水面下(?)で進行していたJudas Goes To Nagoya Projectがついに決定!
北陸のブリザード(謎)の後は、埼玉のブルドーザーが名古屋を襲う。
Hey,ナゴヤ!首を洗って待ってろ!  ←変にハイテンション。
posted by judas at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

「非接触型」と「両手包み込み型」

特にコンビニとか本屋やCD屋の女性店員に多いのだけれど、お釣りを渡す時に殊更こちらの手に触れない様に、先ずレシートを先に私の手の平に敷いてその上から硬貨をそ〜っと(それはそれは慎重に)載せる人が多い。
そんなに怪しいか、私。

ただ、買うものによってもその「慎重度」に差があるような気がする。
この間買った、モー娘。関係のCDとか、ケロロ関係の漫画やグッズなどの場合にその「慎重度」が高く思われる。
やはり、オタク関連のものは未だに警戒対象か。

でも、最近は結構どこへ行ってもこの「方式」が多い。
コンビニ弁当やジュースでもそう。
昔はそんなに無かったような気がする。
例の「過去完了疑問形?(よろしかったでしょうか。みたいなヤツ)の様な確認の仕方のように、店員さん業界の流行?

一方で、きちんと手の平に直にお釣りを載せて、さらに反対側の手を私の受け取る手の下に添えてくる人もいる。
両手で包み込まれる格好だ。
おばちゃん的な人もいれば、何故かかなり若い女の子にもいる。
お店の教育か?
最近の「非接触型」に慣れていると、これはこれでなんかドキっとして居心地悪い。
いっその事、コンビニでも銀行の様にトレーみたいのにレシートとお釣りを載っけて返してくれればいいのに。
posted by judas at 23:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

サンダードルフィン

サンダードルフィン0ad(ゼロアド)というトコのカンター使ってる人はみんな変になってる。
カウンターが表示されないばかりでなく、レイアウトが狂う。
今までもたまにあったんだけど、しばらくすると直ってたから今回も暫く放って置こうと思う。

今日は、東京ドームシティへ。
昔「後楽園ゆうえんち」と言っていた頃はたまに行ってた。
地味でマイナーな感じのアトラクションが多かったが、改装してからはド派手なアトラクションが増えた。
例によって私は乗らずに地上待機してたが、「サンダードルフィン」というジェットコースター系のヤツは凄い。
下から見てるだけで具合悪くなりそう。
高低差も凄いが、画像(judas撮影、タイミングを合わせるのが難しかった)のように建物の壁(?)をくり抜いたトコや、観覧車の中心(!)を通り抜けて来る。
都心にある為、広い敷地が取れないのか結構曲がりくねっているし。
絶叫系は強いウチのコも「1回で充分」と言っていた位だから相当恐かったのだろう。


で、その傍にある観覧車(その名もビッグ・オー)は「センターレス」と言う珍しいタイプ(世界初と書いてあった)。
普通観覧車は、自転車のタイヤのスポークみたいなのが中心から伸びてて回転を伝えるけど、これはそれが全く無い。
丸い輪が2重になってて(?)、ゴンドラがついた外側の輪が回る感じ(写真)。
ドームその中心を前述の「サンダードルフィン」が猛スピードで通り抜ける。
「ビッグ・オー」のゴンドラは一周するのに15分かかる為か、中で音楽が聴ける様になってて、10曲位のリストから、レミオロメンとか大塚愛とかコブクロなんかが選べる。
地上5階のトコに設置されている上、直径60メートル程だから最高到達高度はかなりの物。
よって、東京ドームの屋根の上もバッチリ見る事が出来る(画像下・judas撮影)。
このドームでは、昨日今日とバックストリート・ボーイーズのコンサートがある。
ドーム2DAYSとは、凄い人気だ。
ドームシティの中にあるCD屋でも、ソレ風の女の子+元女の子(意外と年齢層に幅があるのに驚く)が続々と集まって来ていた。


ココは某大型テーマパークと違って、電車で気軽に行けるし「入園」というシステムがないから、近くに行った時アトラクションを単品で一ケだけ乗って帰って来るという事も出来る。
都市型遊園地として、結構いいかも。
posted by judas at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

イヌジャケ募集

cb7a23c6.jpg昨日は代表的イヌジャケ(?)という事で年賀状に採用されたRUSHだったけど、他にイヌジャケというとあまり思いつかない。
リック・スプリングフィールドの「Working Class Dog」とその次のアルバムはイヌジャケだった。
パブロフス・ドッグの1st(?)もそうか。
BOWWOWの「猛犬注意」(Hard Dog)にもイヌが出てたかも。


で、私がRUSHの次に連想するのが「ダリルウエイズ・ウルフ」の1stのジャケ。
しかしこれは当然ながらイヌじゃなくて狼。
でも以前にも書いたが、これをCD屋で見ていたバカそうなカップル(バカップルとも言う)の女の方が「キャー、可愛いワンちゃん」とかぬかしやがった為、わたしの頭の中ではこれはイヌジャケになってしまったのだ。
ジャケットに大きく「WOLF」と書いてあるにも拘らず「ワンちゃん」にしてしまったその女のインパクトがあまりに強かった。
ダリル・ウエイとイアン・マクドナルドとジャケットの狼のメンツ丸潰れやんけ。
恐るべしバカップル。

ちょっと遅いけど、その他イヌジャケ御存知の方がいらっしゃったら御一報を。
12年後の年賀状に使わせて頂くかも。
posted by judas at 23:43| Comment(12) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

夢想花

体調不良に付き手短に。
ホンダの車のCMで、円広志の「夢想花」のカバーが流れるんだけれど、そのアレンジが思いっきりダークネス風。
ヴォーカルもファルセットっぽいし。

☆若人の皆さんへ。
「夢想花」って言っても全然わからないだろうけど「♪とんで、とんで、とんで〜」ってヤツです。
posted by judas at 23:38| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

新宿御苑

御苑落ち葉今日は、新宿御苑を散歩。
朝は、少し曇りがちで若干寒かったが、午後からは晴れて暖かくなった。
テレビで見る紅葉の名所には程遠いが、赤っぽくなった葉や真黄色の銀杏の葉が綺麗だった。
花見シーズン程ではないにせよ、結構な人出。
観光バスがガンガン来ていた。
で、今日はこんな人達も開園前に来たそう。

以前にも書いたが、ここは東京23区内とは思えない程の木々が生い茂っている。
広大なスペースは「日本庭園」などのテーマごとに分割されていて、きれいに手入れされている。
また樹齢百年を越すであろうと思われる巨木も多い。

東京に住んでいても、滅多に東京タワーに登らないのと同様に、御苑にも入った事のない人は多いと思うが、機会があったら是非行って見ると良いかもしれない。
外周を一回りするだけでかなりの運動になる。
御苑銀杏御苑遠景
posted by judas at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿御苑

御苑塔この中にいると別世界だが、やはり新宿のど真ん中であることは違いない。
結構プログレな場所。
違うか。
posted by judas at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

セーム・シュルト  K-1制覇

シュルトセーム・シュルトが、遂にK-1でも頂点に立った。
おめでとう。
ダントツの強さだった。


「意外な結果」という論調もあるが、私は戦前から言ってたようにアクシデントがない限り、どう考えてもシュルトだと思っていた。
敵は、武蔵びいきのジャッジだけだろうと...。
その、武蔵もリザーブから勝ち上がったフェイトーザに、はっきりくっきりOKで負けてしまった。
この瞬間に、シュルトの初優勝は決まったようなものだった。


やっぱ、K-1でもGPは見応えがあって良い。
大晦日の数字目当ての「見世物カード」主体の興行より、よっぽど注目してもらいたい。
posted by judas at 09:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

冷蔵庫マグネット & Ph.D

マグネット冷蔵庫にくっつける磁石になったアクセサリー(?)やキャラのコレクターは多いらしい。
結構深くて、アニマは冷蔵庫の本体が完全に見えなくなる程くっつけまくるそう。
もともと、内容物のメモとか家族への伝言をくっつける為の磁石だった筈だが、そんな紙切れなんて張るスペースがない程、冷蔵庫は磁石まみれになってしまう。

ウチは全然この世界にはハマってないが、カプセルトイなどで好きなキャラを見かけるとつい買ってしまう。
今、冷蔵庫にくっついているものは、ドラクエシリーズやケロロ軍曹など最近ゲットしたものだけ。
ダブりも多く、ここには写ってないがアフロ軍曹はあと3つ位はある。


今日もBECKのギター・ショップばかり聴いていたが、昨日少し触れたトニー・ハイマスのPh.Dも聴いた。
シングルヒットした「I Won't Let You Down」の邦題については昔少し書いていた。
これは、エレポップ屈指の名曲。
posted by judas at 23:41| Comment(6) | TrackBack(1) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

あらかわ遊園

遊園11月3日は晴れの特異日という事で、比較的近くの荒川区へ出かけた。
特異日の面目躍如で、快晴という訳にはいかなかったが午前中は良い天気だった。
夕方からは雨が少し降ったようだが。

あらかわ遊園は区営のこじんまりした遊園地だが、とても和めるところだった。
ウチの子がもっと小さいうちに行っていれば、かなりのリピーターになったであろう。
コースターも全然過激ではなく3歳以上から乗ることが出来る。
ポニーに乗れたり、小動物とも触れ合えるしミーア・キャット(風太君以上に立ちっ放し、ってそういう習性の動物だけど)もいる。
また中に入れる鳥のオリや、つり掘りもある。
3,4歳から小学生低学年くらいまでのお子さんのいる方にはオススメ。
ただし、あらかわ遊園のHPにも載っているけど、駐車場が大きくないので車で行く時は、開園時間くらいには到着してた方が無難。

ミーアそして今日は、着いて初めて知ったけど「おじゃるまるショー」(無料ながら結構充実したショーだった様)をやっていた。
11/23はウルトラマンショーがあるそう。


←ミーア・キャット
posted by judas at 20:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

歩いて帰る

b3c51531.jpg今晩9時少し前に、地震があった。
ウチの辺りの震度は3らしいが、震度以上に大きく感じた。
やっぱ、次は関東地方がクル?

少し前に、ウチの奥さんも買った、こんな本がバカ売れしていた。
私は、都内へも車で頻繁に行っているので道路は大体わかるが、車を運転しない人にはとても心強いかもしれない。
「歩いて帰宅する」という事に目的を絞ってあるのが、今までの道路地図と大きく異なるところ。
災害時には、多くのガソリン・スタンド、コンビニ、学校などが災害支援ステーションみたいな施設になるそう。
具体的に、どうなるのはよくわかってないけど。

で、この本のシリーズには「関西編」「東海編」もある。
私には実用性はないかもしれないが、知識としてそれらも欲しいと思った。


某ブログ(いつも引用させて頂いて、本当にスミマセン)で話題になった「思い出のスニーカー」のヒットを持つスニーカーの、こんなアルバムが出ている事を発見。
少し欲しいかも。
それにしても、スニーカーのCDって今でも意外に入手し易いのにビックリ。
posted by judas at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

Highway Song

c9f78168.JPG今日は、千葉県の親戚の家へ。
本当は不幸があったのだが、十数年以上会っていない親戚が集まると、結構盛り上がってしまう。
故人が80歳近い方という事もあり、割と明るいムードで終始した。

往きは、予想通り首都高がメチャクチャに混んでいたので、ディ○ニー○ンドを通り過ぎるくらいのトコまで、下(一般道)で頑張って行った。
下も、信号のめぐり合わせによっては10分近く同じ場所に止まったまんまだが、のどが渇いたりトイレに行きたくなれば、コンビニに入れるから安心。
首都高で固まっちゃうと、その辺が恐い。

そして、帰りはアクアライン経由ですっとばして来た。
ここは、暴れんで有名だった某政治家のチカラでムリムリ作ったらしいが、料金が高いので利用者があまりいなくて、評判が良くないとされている。
距離は10km程度(だっけか)だが、普通車で3,000円。
タマに走る程度ならよいが、いつもでは確かに大変。
でも、途中のSAの海ほたるからの眺望は本当に素晴らしい。

で、画像は今回初めて寄った市原サービス・エリア。
意外に大きい。
房総のSAは、どこもシュロの木みたいなのが植えてあって南国ムードを演出(?)してある。
千葉という事で、ロッテリア(マリーンズつながりか)がSA内にあるのも面白い。
posted by judas at 23:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

えっ! 「あしたま」終了!

関東の方ではテレビ朝日で放送されていた「あしたまにあ〜な」(通称「あしたま」)が今日(正確には10/1)の放送で最終回を迎えた。
あまりに突然でビックリ。
放送でも、当日の発表だった様。

別に毎日チェックする程の大ファンでもないけど、金曜の夜など「タモリ倶楽部」の前に流れるのを漠然と観るのが好きだった。
最初はヤだった濱田マリの喋りも、慣れると結構面白かった。
別に情報番組として重宝していた訳では無いけど、無くなると寂しいかも。
7年続いたそう。
スポンサーのダイハツが苦しくなったとか?
それなら「世界の車窓」の不治痛はもっと厳しいかも。

あしたの予定は決まったかな〜。

私は、急遽千葉は市原の親戚の方へ行くことに。
高速混みそうだなあ。
アクアライン経由と東関道経由、どっちが空いている?
posted by judas at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

ブドウの丘

86866a1e.JPG予想はしていたものの、やはり中央道の大渋滞にハマる。
朝6時に外環の草加ICに入ったが首都高が既に渋滞中。
中央道入り口の高井戸についたら7時30分位。
その時点で、中央道は元八王子バス停付近を先頭に30km(!)の大渋滞。
30kmを通過するのに2時間以上かかるとの事(つまり時速15kmで2時間運転しろと言う事)。
ユーミンがこの大渋滞を経験したら「中央フリーウェイ」のメロディはあんな爽やかな物にはならなかっただろう。

途中、一般道に逃げたけど下も高速以上のメチャクチャさで挫折しかけたが、なんとか勝沼へ。
その元八王子辺りに「ココが渋滞の起点」という看板があった。
という事は一定以上の交通量があれば、必ず構造的にそこから渋滞が起こるという事か。
下りや登りの勾配による減速の影響の波及で、時速を5キロ程落とすと100台位後ろでは車が完全に止まってしまうという事をTVで観た事があった。

確かにその地点を過ぎると徐々に車は動き出し、なんとか午前中に勝沼の目的のブドウ園に着いた。
そこの人達は非常に親切で、ウチの子も初体験のブドウ狩りをしてとても満足げだった。
しかも、どのブドウもメチャ美味しかった。
聞いた事の無い様なブドウも沢山あったし、粒が球形ではなく、長細い物もあった。

画像は「ブドウの丘」というその地区の中心的な施設からの眺望。
天気予報よりも、かなり晴れて暑かった。
ウチはそれ程アルコールには固執しないが、大手ワインメーカーのワイナリーが沢山あって、見学、試飲が出来るので、ワイン好きの人にはオススメの場所。
ただし、車で東京方面から行く人は、夜も明け切らぬ内に出発した方が良いと思う。


帰りは、ブドウをタップリ取ったので満足して早々に勝沼を出た為、首都高付近までは順調で早めに帰宅出来た。
ケロ軍曹にも間に合った。
念の為、録画予約してた夜9時からのK-1GP開幕戦も当然ちゃんと観た。
全体的に順当勝ちが多かった。
コレはという試合もなかった気がする。
注目されたチェ・ホンマンも、サップだから勝てた。
他の選手には歯が立つまい(除く曙)。
決勝大会は、シュルトかボンヤスキーが本命か。
私は、初出場のカラエフも大穴として推したい。

「電車男」の後番組は大奥。コレもヘタすりゃハマりそう。
posted by judas at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

HDD

1d75b18b.JPG3連休の最後の昨日、新宿西口のBC(ビッグ・カントリーではない、勿論バッド・カンパニーでもない)へ行って、HDDレコーダーを買った。
以前書いた様に、ビデオデッキが極まれにテープを噛んだりしなければ、特にすぐ買う事もなかったのだが、そういう事情がありVHSとの一体型のヤツが早急に必要になったのだ。
前からウチの奥さんが細かくリサーチして目星を付けていたものが、結構値が下がってた。

結線は至ってシンプルで良かったが、機能がありすぎて操作をまだ完全に把握してない。
補修してもらった、レアなイアン・ハンターの市販ビデオをとりあえずHDDに記録した。
これで、劣化したりテープが破損して見れなくなるという事はなくなった。

81fb31a4.JPG今や当たり前なのかもしれないが「テレビ番組表を受信する」という事も、初体験した。
ふ〜ん、今はこんなに便利なんだ。
テレビを録画するより、レアなVHSビデオの記録というのが主目的ではあるが、色々試してみよう。

DVDも気のせいか、以前より綺麗に見えるような気がする(テレビそのものは同じなんだから理論的にはありえないでしょ、気のせい)。
ディープ・パープルのスピード・キングのライブ(これはあるオムニバスに入ってて、全盛期バリバリの頃の物で物凄く出来がよい!)も、メチャ迫力満点だった(しつこいが気のせい)。
リッチーってこんなにギターが上手かったんだ。
気付くの遅すぎか。
posted by judas at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

暑かったけど。

八景島シーパラダイスは、暑くって人出も多かったが、某最大手テーマパークよりリラックス度や満足度が大きい。
イルカショーも、1年前とは出し物を変えて工夫してあった。
白イルカとかセイウチが「♪マイアヒ〜」って踊ってたし。

私が乗れる数少ないアトラクションの「アクアライド」(人工の急流を円形のゴムボートに乗って流れる、ミニラフティングみたなもので、かなり水が掛かる)で、相席したおばさんが、お笑い芸人さんが罰ゲームでバケツの水をかぶるくらいの勢いで水をかぶってて、私は笑いそうになってしょうがなかったけど、必死に我慢した。

それとウォーター・シュートという、12人乗り位のボートが急坂を下ってバッシャーンと着水する伝統あるアトラクションがあるのだけど、着水の瞬間に船のヘサキに乗ってた船頭さんが結構な高さでジャンプするので、とても人気がある。
長蛇の列が出来るアトラクションだが、10月半ば位に長い歴史に終止符を打って廃止される(HPには載ってないけど)、とあったのでお好きな方、興味ある方はお早めに。
posted by judas at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

悲しき恋歌、終わりました。

c358806a.jpgこちらの地域では、今日フジTVで韓国ドラマの「悲しき恋歌」の最終回が放送された。
じれったくて疲れた事もあったが、ラスト数回は結構展開が急で面白かった。
賛否両論ありそうだけど、回想しているのかと思いきや、.......という希望を感じさせるラストシーンは良かった。
蛇足という人もいるかも知れないけど、あれがあるのとないのでは大違いという気がする。
まだ、放送の終わってない地域もあるので、こんなトコで。

しかし、もう同枠での韓国ドラマは無しで、それに伴って結構為になった(?)「韓タメ」が終わるのが惜しい。
ただ「韓流スター・サミット」みたいなのを、たまにスペシャル形式でやるみたいだけど。


「オールイン」の後のNHK地上派枠は「チャングムの誓い」に決まったみたい。
「オールイン」が終わるのが勿体無い。


「女王の教室」はやはり予想通りのつまらない展開。
このドラマだけは、生徒全員が涙で先生とのお別れを惜しむ、という終わり方はしないと思っていたのに。
初めに大風呂敷を広げたからには、もっと誰もが考え付かない終わり方をして欲しかった。
それと、明石家さんまも言ってたけど、エンディングのにこにこ笑ってるダンスシーンは本当にダメ。
憎まれ役をやるなら、その女優さん自信の好感度ランクがどっと下がる程憎まれて本望じゃないのだろうか。


あ、またこんな事ばかり書いてしまった。

拙者、三十過ぎてからのTVっ子ですから。

切腹!


今時、波田陽区のフレーズ使うヤツはいないだろ。



画像のCDは、ブライアン・イーノとデビッド・バーンの「My Life In The Bush Of Ghosts」
例の近所のCDチェーン店の500円均一ワゴンに入っていたから買ったもの。
聴いてみると、これが滅法良い。
トーキング・ヘッズの「Remain In Light」より、ずっと私好み。
イーノがからむと、とても上品な感じがするのは気のせい?
バーンの「The Catherine Wheel」も欲しくなってしまった。
posted by judas at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

She's So Heavy

楽天との新球団設立合戦、ニッポン放送買収騒動、そして今回の立候補。
世間の注目を集めるたび、ライブドアのプログが重くなる。
ほりえもんのプログにアクセスが集中する為?

こういう事情があるので、ただ単にさぼっている訳ではないのだ。
わっはっは。


【私信】Steeleye Spanのベスト、オーダーしました。
【私信その2】Old Grey Whistle Testもオーダーしました。

詳しくはブログが軽くなってから。
(とは言っても、結構スムースな時間帯も割とある。言い訳に使っているだけ、という見方もあり)。
posted by judas at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

「ヘビメタさん存続希望署名運動」

cb795ad7.JPGテレビ東京やテレビ大阪が観られる地方の方なら御存知かもしれないが「ヘビメタさん」という人気番組がある。
これは元々「スクエア・エニックス」(以下スクエニ)という大手ゲームメイカー(以前書いた様に、この前の土曜に初台の本社に行ったばっかり)が9月1日に発売したPS2用ゲームソフト「ヘビーメタルサンダー」の宣伝用の番組だった。
ところが4月に放送が開始されてから、番組の人気がぐんぐん上がって来てしまった。
元カコフォニー、そして元メガデスのギタリストで、ハワイに長く住んでいたマーティ・フリードマン(現在は新宿在住)が流暢な日本語で、ギャグを飛ばしたり、日本の演歌や歌謡曲にメタル魂を見つけるコーナーが人気を呼んだ様。
彼が日本語が上手かったり、日本の演歌(都はるみ、八代亜紀、美空ひばりなど)が大好きなのは、結構昔から一部では有名だったが、ここまで人気者になるとは思わなかった。

また、司会の鮎貝健と熊田曜子、そして正体不明の「東京メタルドールズ」も良い仕事をこなしている気がする。
最初はタイトルからして、なんか嫌な予感&嫌悪感満載だったが、見続ける内に結構好感を持つようになった。


しかし、これだけ人気のある番組なのに、スクエニのゲーム「ヘビーメタルサンダー」の発売日がきてしまった為、9月一杯で終了が決定してしまった。
もともとこのゲームのCMを流す為の番組だったから無理はないのかも知れないが、テレビ東京ももう少し世間の反応をチェックするべきだったのではないか。

そして、今「ヘビメタさん存続希望署名」がネット上で物凄く盛り上がっているらしい。
当然と言えば当然だが「スクエニ」に代わるスポンサーを見付けるか、「スクエニ」を説得して、スポンサーを続けて貰うしか手はない。
取りあえず、この番組が好きな人は署名してみてはどうだろうか。
私もする予定。

画像は、マーティ・フリードマンが、憧れの人八代亜紀とセッションした場面の人力キャプチャー。
八代亜紀が引っ張り出されると言うのは、かなりこの番組が盛り上がってる証拠なのだが。
それにしても相当凄いツーショットだ。
posted by judas at 23:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

新宿・渋谷ツアー

6599b3d1.jpg自作Tシャツの裏と表。
新宿、渋谷、アキバあたりの輸入盤屋でこんなのを着てるヤツをみたら。それは間違いなく私です。
超レアもの(当たり前)だが、着て歩くには結構勇気いるかも。


この前の土曜日に、初台(新宿から一駅なのだが、実は渋谷区)のスクエア・エニックスのショップに行った。
ここは、ドラクエのエニックスと、FFのスクエアが合併した会社で、1階がキャラクター・グッズ・ショップになっている。
ずら〜とスライムが埋め尽くす風景はある意味壮観。
8月の半ばにオープンしたばかりのお店だが、結構お客さんが来ていた。
5e74312d.JPGドラクエ・FFファン(とは言え、殆どがドラクエグッズ)なら、聖地のようなトコかも(私は車で行ったが、駐車場はない。念の為)。

そして、そのまま渋谷のHMVからレコファンツアーへ。
最近はすっかりレコファンのお得意様だ。
特に目ぼしいものは無かったが、倉木麻衣の新譜のプロモーションを何処へ行ってもやっていた。
土曜の渋谷の人出は物凄かった。
posted by judas at 23:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

ゴム人間VS鼻毛VS警官VSコックVS.etc

9629f0ba.jpgそれ程魅力的なソフトが出ていなかったという事で、静観していたゲームボーイアドバンスDSだが、おじいちゃんおばあちゃん達を財源とする潤沢な資金にものを言わせて、ウチの子も遂にDSオーナーになった。

特定のハードを買わせる原動力になる強力なソフトの事を「キラーソフト」と言うらしいが、今回切っ掛けになった"キラーソフト"は、ニンテンドー直々のソフト「JUMP SUPER STARS」だった。
アラレちゃん、ドラゴンボール、ワンピース、ナルト、遊戯王、ボボボーボボーボボ、両さん、など新旧27タイトルの「少年ジャンプ」人気キャラが総出演のもの。
TVスポットも大量に流れているから、観た事ある人は多いだろう。
わたし世代的にはこれの少年チャンピオン版も出てほしいと思った。
ブラック・ジャックVSドカベンの岩鬼VSマカロニほうれん荘のキンドーさん、トシちゃん組VS黒井ミサVS750ライダーとか。
これも売れるぞきっと。

話を元に戻すと「JUMP SUPER STARS」はアクションゲームとパズルと格闘ゲームがミックスされた様なものらしいが、ウチの子は説明書も殆ど読まないで(攻略本もまだ出てない、と思う)即、普通に始めて2、3日でクリアしてしまった。
シドニー・シェルダンに「ゲームの達人」って言うのがあったが、そんな感じか(本の内容は、ゲーム屋で売ってるゲームとは全然関係ないので念の為)。
あまりハマリ過ぎて「ゲームの廃人」にならない様に気を付けなくては。

これから、ドラクエ関連モノやポケモンなどどんどん投入して、PSPとの差を一気に広げようとしてるDSだが、ここにきてDSでないアドバンス専用の新ハードも出るらしい。
携帯電話とほぼ同サイズのハードで、迷彩色などの色んなプレートを付け替て、本体のカラーが変えられるトコも携帯っぽい。
ターゲットはOL層で、小さくてスタイリッシュなので電車の中でやっててもダサくないという事らしい。
これはちょっといいかも。
確かに、結構でかいPSPを電車の中でやってるサラリーマンやOLはちょっとイタイ気もしない事もない(judas私感)。
posted by judas at 23:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

六本木ヒルズ

a05c45bb.JPG以前書いた様に、今日は銀座六本木豪遊(?)映画ツアーで「スターウォーズ・エピソード3」と「電車男」を観てきた。
ウチの子が「サマーキャンプ」みたいなのに行ってて3泊4日も家にいないという、出生後始まって以来の長期の不在で、この機会に久々にアニメ映画でない映画を夫婦揃って映画館に観に行く事になったのだった。

「スターウォーズ」は勿論面白かったし、好きな人には堪らない世界だと思う。
エピソード1,2は、ストーリーよりも映像の凄さに重点が置かれていた様な気がする(judas私感)が今回はお話がはっきりしていた。
ネタバレの為、あまり詳しく書けないけど、違和感なく一番最初の「スターウォーズ」(正確にはエピソード4?)に繋がって行くような工夫が忍ばれた。

「電車男」は、やはり良い。
期待が大きすぎた為か、意外にあっさり終わった感じも否めないが『原作』の良さはTV版よりも忠実に再現されていた気がする。
告白の場所が異なったのは周囲のネオンサインを使いたかったからかな。
役者さん達も豪華でとても良かった(何故かドラマ「白い巨塔」に出演した役者さんが3人も出ていた)。
また、映画版とTV版で結構同じ役者さんが出ている(役柄は異なる)。
最近では「メディア・ミックス」とか言って、映画とTVで協力(?)しあって相乗効果を出そうとしてるらしい。
でも、ラストのTV版のCMとしか思えない部分はやり過ぎかも。

3b939c61.JPGで「電車男」を観た映画館は六本木ヒルズの中にある。
こんな事でも無ければ「六本木ヒルズ」なんて行かないので、テレ朝も含めてちょっと探険してみた。
作りが複雑で、最初はドラクエのダンジョン並に迷いまくったが最後には大体把握出来てきた。
映画館は、新しくて観易かったのでポイント高し。


画像はテレ朝ショップ内にて。
posted by judas at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする