2010年12月12日

それ町、エンディングテーマ「メイズ参上!/メイズ」

img165.jpg
「それでも町は廻っている」のエンディング・テーマ、「メイズ参上! / メイズ」を買った。
今は普通にアマゾンでスグに配送される様だが、発売日直後は「配送は1~2ヶ月先」だった。
ので、先週ウチから2番目に近い「アニメイト」に飛んでいってゲット。
よくぞアニメイトにあった。
初回限定という事で、メイズメンバーの「四人一首」のカードが、メンバーの誰か一人分封入されている。
現在アマゾンでスグに買えるものが「初回盤」かどうかは不明。
先日YouTubeのリンクを張ったけど、ちゃんとしたプロの声優さん達は歌がウマイ。
歌詞で「こんなメンバーロックじゃねえ」と連呼している様に、ベース、ドラム、アコーディオン、バイオリンというちょっとポーグスみたいな編成。
演奏がメチャクチャしっかりしている上、声優さん達の表現力抜群のボーカルが素晴らしい。
特に針原さん役の「白石涼子」と紺先輩約の「矢澤えりか」がウマすぎ。

で、上述の「四人一首カード」、私のは、タッツンこと「辰野俊子」が入っていて、まあアタリと言えよう。
アマゾンのレビューなどでは、針原さん(四人のウチ、向かって一番右端にいる「さんま」っぽいキャラ)が、当たって落胆?している人が多い様だ。

カップリング曲で、劇中学園祭で演奏された「そうは云っても世界は終わらない」の一部。
CDで、全編聴くとメチャ良い(すぐに消されると思うので早めにチェック)。


↓もう一度「メイズ参上!」(これまた、メンバー紹介もやってるフルレンスヴァージョンが最高)
こっちも間もなく消される筈。
posted by judas at 00:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

予約は大切

G>S.JPG
ポケモンの「金・銀シリーズ」のリメイク版「ハート・ゴールド」「ソウル・シルバー」が土曜日に発売。
「金銀」はウチの子が初めて接した本格ゲームと言ってもよいもので、私も一緒にプレーをアシストしただけに親子共々思い出深い作品。
初めは「発売してから一番安い値を付けてる店を探して買おうか」などと、通ぶった事を言っていたが、次第に「予約は打ち切りました」という店が増え始め、とりあえず値段に構わず「ゴールド&シルバー」(以下G.S)を一個づつ予約した。
結果としてこの「とりあえず」の予約が非常にラッキーだった。
発売日当日は、どこの量販店も殆ど午前中で「G.S」とも売り切れたらしい。
最近は、ドラクエものも含めてこのような事態になる事は比較的少なかったが、やっぱこの「G.S」は凄まじかった。
オリジナルの「金銀」も発売直後には同様の騒ぎが起こっていて、このあたりの状況も忠実に「リメイク」してしまった訳か。
とにかく、みんなが欲しがりそうなものは「絶対予約しておく」事をオススメする。
☆画像に映ってるモンスターボールみたいなヤツは、ポケウォーカーと言って、ポケモン版の「たまごっち」みたいな同梱の携帯機。

MONO.JPG
ポケモンとは別次元で大騒ぎのビートルズ・リマス盤も「MONO BOX」だけでも予約しておいて本当に良かった。
国内盤も輸入盤も、現在は入手困難らしい。
店頭でも全然見かけない。
NHKでやったドキュメントで「山野楽器」が9月9日に変わった瞬間に発売イベントをやってた光景が映った時に一瞬見えただけだった。
モノ・ステレオの両BOXともに予約するのは財政的にも厳しかったので、「紙ジャケ重視」の私はとりあえずMONOの方だけ予約しておいたのだが、本当に良かった。
届いたのは9/10だったけど、手元にある安心感は大きい。
たぶんまずは「MONO」だけという、私みたいな人達も多いと思う。
というのも、アマゾンでステレオ盤の「アビーロード」「レット・イット・ビー」のバラ売りヴァージョンが軒並み売り切れてしまっているから。
「MONO BOX」が届いて初めて「えっ、アビーロードがないの?」と気付いた人が多いんだと思う。
私は最初から「イエローサブマリン以降はステレオ盤バラ買いで行こうと、方針?を決めてたんだけど、飛び込み組が多くて「アビーロード」の輸入盤がアマゾンで買えなかった(別のトコで手配出来たし、タワレコの店頭には結構あった)。
ステレオ盤は紙ジャケがないのだが、あのデジパックの様な(素材は全部紙)仕様は結構気に入ってる。
MONOの紙ジャケ再現盤より、ある意味好きかも。
外見ばっかチェックして、例によってあんまり聴いていないのはマズイか。
posted by judas at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

JUMP SHOP

今日は東京ドームシティのジャンプショップへ行った。
「いぬまるだしっ」のいぬまるくんが持ってるぬいぐるみの「いぬまろくん」のポーチが発売がされたのを知って、ウチの奥さんが買う為。
そして、ウチの子用に「SKET DANCE」のくつしたも買った。
ドラマCD化の効果か「SKET DANCE」のグッズが結構増えていて、当分打ち切りの心配はしなくてよさそう。
ドームで巨人・阪神戦のデーゲームが開催される日でもあり、お盆休みも相まってショップは大変な混雑だった。
そのあと、お茶の水ユニオンからアキバへの流れる様な総武線沿線散歩へ(私らクラス?になるとこのコースはわざわざ電車に乗ったりはしない)。
ユニオンでレアなモノをゲットできたが、それはいずれまた。

033.JPG
posted by judas at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

ドラクエすれ違い通信

すれ違い.jpgすれ違い通信のメッカ?「アキバのヨドバシカメラ」へ行ってきた。
ドラクエ9の目玉機能である「すれ違い通信」を目的に、多くの人々が集まっていた。
まるでハチ公前の様。
ちょっと居ただけでウチの子のDSには5〜60人が引っ掛かった。
その気になれば4ケタくらいの人とすれ違うだろう。
でも、地図は99枚までしか持てないらしい。










posted by judas at 16:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

今度のも結構良い

ケロロHS.JPG大量のTVCMが流れている様に4/25からマクドナルドのハッピーセットのオモチャがケロロ軍曹のものに。恐らく、前回(昨年10月末頃)の66種類のキーホルダーが大成功を収めた為の、早めの再起用と思われるが今度も大ヒット間違いなし。
今日行った、ウチの近所の主要幹線道路沿いの大型マックでは、すでに全種が品切れ。
ちょっと隠れ家的?場所にある店舗ではまだ在庫があったので、家族3人でハッピーセット3ケをオーダーして、ケロロ、ギロロ、タママのものをゲット。
ケロロが普通のフライングソーサーではなく、掃除機(原作にはよく登場するケロン軍製のスグレ物)に乗っているトコがマニア心をくすぐる。
5/2からはクルルとギロロの兄、ガルルが投入される予定。
最初は不人気とされていたクルル曹長だが、実は今一番人気ではないかと思われる為、来週末もまた大騒ぎが予想される。
posted by judas at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

「メカ沢」Tシャツ

メカ沢.JPG今や「UT」と言えば、プログレではなく「ユニクロTシャツ」の事。
企業や有名デザイナーとのコラボで、かつてないヘンテコ?なTシャツをたくさん世に出している。
そして、最新の動きは、今年創刊50周年を迎えた「少年サンデー」「少年マガジン」とのコラボ。
この両誌は、少年ジャンプへの対抗策としてか「チーム・ウエンズデー」とか言う、出版社の垣根を越えた協力体制をとっている(2誌とも水曜日発売)。
で、その両誌がユニクロから毎週(!)新作Tシャツを出している。
私が早速買ったのは、マガジンに連載されていた「魁!クロマティー高校」のキャラ「メカ沢」のTシャツ。
好きだったマンガが結構Tシャツ化されているが、デザイン的にはイマイチで、買ってもいいと思ったのはこの「メカ沢」と、まことちゃんの「グワシ!」くらいかな。

「クロマティー高校」は、以前深夜にTV放送されていた時に「美狂乱」がエンディングテーマをやっていたので少しだけ観ていたが、今またマンガで読み直したら、余りにクダラナくてハマった。
とにかく、登場人物が異常にバカ。
日本マンガ史上でも、最強クラスのバカばっかり出てくる。
あの、ウォーレン・クロマティーにクレームを付けられた為に?、連載は2年程前に終了しているが、講談社漫画賞を受賞した程、評価も高かった。
DVDも借りて観たが、アニメも原作に忠実で(忠実にバカを再現しているのが更にバカ)良く出来ている。
実写版の映画も作られていたというのが、更に笑う。

judas家は今、大「クロ高ブーム」
posted by judas at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

名古屋撃ち

名古屋.jpgウチの子がインベーダーゲームのオリジナルをやりたいと言う事で、5年前の25周年記念に発売されていたコレを買った。
アーケード(ゲーセン)で稼動していたインベダーゲームのヴァリエーションが大体収録されている。
特にセロファンヴァージョン(カラー化される前に流通したもので、テーブルのガラス面にカラーのセロファンを貼って、白黒の画面に強引に色を付けた、なんちゃってカラー?ヴァージョン)の再現は嬉しかった。
ウチの子は「名古屋撃ち」に感動していて何度もトライしていたし、やはりオリジナルは面白いと言っていた。


posted by judas at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

SPACE INVADERS EXTREME

space.jpg先月発売された、ニンテンドーDSのソフト「スペースインベーダー・エクストリーム」((株)タイトー)を買った。
なんでも今年で、スペースインベーダーが登場してから30年だそうで、色んなメディアでインベーダーブームが再燃しているらしい。
このソフトも30周年記念事業?の一環のようだ。
いままでも、スペースインベーダーを各ハード用にリメイクしたものが沢山でているが、これはそれらに比すとかなりの進化系。
オリジルに強い思い入れがある人はプレイしない方が良い、と思われるくらい変化している。

513j2IAVOeL__SS400_.jpgインベーダーがクルクル回ったり、急にこちらに飛んできたり、デカイやつが出てきたり、スペースインベーダーというより、むしろギャラガ系に近いかも。
サウンドもメチャゴージャスでド派手。
結構ハマる。
ちなみに、ソニーのPSP用にも同じソフトが発売されていて、一瞬迷ったが、ウチにはDSが複数ある為ダウンロードプレイが出来るという事でDS版にした。

インベーダーゲームが喫茶店などのテーブルゲームとして世の中に登場してきた頃は、私はレコードを買う事以外にお金を使うのが勿体無くてしょうがなかった為、ゲームなんかで「浪費」する事は考えられなかった。
以後、コンピュータゲーム等(パチンコなども含めて)には全く背を向けて暮らして来たが、数年前ウチの子供がポケモンでゲームボーイをやり始めた頃から、ゲームの良さというものも分かってきた。
時間の無駄、勉強の邪魔、目を悪くする、他人との協調性がなくなる、との批判も多いが、ゲームで教えられる事も決して少なくはない気がする。
51dKZrJTOZL__SS400_.jpg特に大作RPGでは、物語の先を想像する力や、困難を切り抜ける思考力を育てられるのでは。
特に知育、教育ゲームでなくとも、色々な知識を得るゲームも多い。
大人サイドも真っ向から否定するのではなく、何故ここまで子供が虜なるのかを考えてみても良いと思う。
そんなゲームの始祖的なインベーダーゲームの進化?した姿を見るのも中々趣深い。

posted by judas at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

「スマブラ」発売

スマブラ.jpg本日は「スマブラ」こと、「大乱闘スマッシュブラザースX」の発売日だった。
当初よりも発売日が大きくずれ込み、発売目前になって更に一週間延期。
初回出荷本数も減少して、事前に予約をしていても発売日に入手できない人が多数でるなど混乱。
ウチが予約をしようとした頃には、どこのお店でも予約は打ち切った後だった。
あとは発売日当日の店頭販売分にかけるしかないのだが、昼にアキバの主だった量販店にTELしたらどこも「あと1〜2時間で完売、夜には確実になくなる」との事。
仕事が終わってからでは到底間に合いそうもない。
私がいる東京駅周辺のオフィス街にゲーム売ってそうなトコなんてない。
ひょっとして日本橋高島屋のおもちゃ売り場なら盲点か?と思ったが、東京駅の地下街に家電量販店の「さ△らや」の小さい店舗があった事に気づき直行。
ほんの少ししかゲームを置いていないのだが、果たせるかなまだあった。
店員さんに「もうすぐなくなりますから、すぐ買って下さい」と普段なら押し売りとも取れる様な事を言われ、引っ張って連れて行かれる様にレジへ向かう。
そのお陰もあり、際どくゲット。
多分、会社を退けてからアキバあたりへ出向いたサラリーマン達は入手出来ず、周辺のゲームを売ってそうなトコへ「スマブラ難民」となって彷徨っているに違いない。

この「スマッシュブラザース」シリーズは、64,ゲームキューブ、今回のWii等、その時点の主力ハードにあわせて新作が発表されているが、ウチの子がやっているのを見てもイマイチ良く分からない。
ウリはマリオやポケモンやピクミンなど任天堂の主だったキャラが総出演する事か。
でも、基本的に「ストリートファイター」みたいな普通の「格ゲー」(格闘ゲーム)に興味を示さないウチの子が一生懸命やっているので、単なるバトルのゲームではないんだろう。
80年代、発売日当日に学校を休む子供達で徹夜の行列が出来るという伝説を作ったファミコン時代の「ドラクエ」みたいな騒ぎにはならなかった様だけど、これ程(色んなアクシデントも絡みんだが)入手が難しかったソフトも久し振りだった。
posted by judas at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

ジャンプフェスタ2008 「SKET DANCEのコスプレイヤー達がいた!」

002 - コピー.JPG3年連続で、幕張メッセの「ジャンプフェスタ」へ行ったが、今年が一番の混雑振りだったと思う。
開場前に長蛇の行列が出来、混乱するのでいつも開場時間が予定より早まるが、今年は一時間以上まえから客を入れ始めていた。
午後になると巨大なメッセのホール(3つ使用している)が、原宿の竹下通りのように人が密集して身動きが取りづらくなった。
勿論、ジュースを買うにも10分近い行列だし、女子トイレも物凄く長い行列。
内容的には毎年そう大きな変化はないが、物販系のブースに人気が集中していた。

010.JPGコスプレは相変わらず、ナルト、銀魂、Dグレイマンが強いが、リボーン関係もかなり多かった。
かなりマニアックなマンガと思われる「SKET DANCE(スケット・ダンス、judas家で人気が高い)」をコスプレしているチームがいて感動した。
このマンガ、私の予想ではかなりキそうなのだが、ジャンプは読者アンケートで評判が良くないと、簡単にザクザク打ち切っていくので予断は許さない。
posted by judas at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

「懐かしのアニメソング大全-4」

img012.jpg「大全」の4は、実はあまり思い入れのある曲はない。
12.の♪あ〜し〜もとにからみつく〜、というチャーリー・コーセーが歌う「ルパン三世」の曲は世間的に人気が高い様だが、私はルパンそのものにそんなに転がらなかった。
しいて言えば、4.は子供の頃「キック、キック、キックの鬼だー」と良く歌ってた(作曲 小林亜星)。
これは、主人公のモデル?沢村忠本人が歌っている。
その位、当時の人気はもの凄かった。
ちなみに「沢村忠」はリングネームで、本名は「白羽秀樹」
本名の方が何倍もカッコいいが、迫力に欠けるということで沢村忠に。
コレも強そうかどうかは疑問だが。
娘さんは、タレントで「白羽玲子」
なんて芸名っぽい本名なんだろう。
13.の「海のトリトン」は、作詞伊勢正三、作曲南高節(こうせつ)、つまり「かぐや姫」で、コーラスも付けている。
こんな仕事もしていたんだ。


【懐かしのアニメソング大全-4】
1. 赤き血のイレヴン(赤き血のイレヴン)
2. わが友玉井真吾(赤き血のイレヴン)
3. 男どアホウ!甲子園
4. キックの鬼(キックの鬼)
5. キックのあけぼの(キックの鬼)
6. さすらいのいじわるゲリラ(いじわるばあさん)
7. しっぽはぐぐんと(のらくろ)
8. アイアイ・ミコちゃん(のらくろ)
9. 珍豪ムチャ兵衛
10. 天才バカボン
11. ルパン三世その2
12. ルパン三世その1
13. 海のトリトン
14. 荒野の少年イサム(荒野の少年イサム)
15. オー・サンボーイ(荒野の少年イサム)
16. 空手バカ一代(空手バカ一代)
17. 空手道おとこ道(空手バカ一代)
18. エースをねらえ!(エースをねらえ!)
19. 白いテニスコート(エースをねらえ!)
20. 侍ジャイアンツ(侍ジャイアンツ)
21. サムライ番場蛮(侍ジャイアンツ)

posted by judas at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

♪早く人間になりたーい「懐かしのアニメソング大全-3」

img011.jpg今日は「大全」の3。
購入のモチベーションは勿論「ばくはつ五郎」だったのだけど、他にも名曲満載。
やっぱ、この「3」のクオリティが一番の様な気がする。
5.の妖怪人間ベムはリアルタイムでは怖くて?あまり観てなかったが、実はかなり悲しくて可哀相な話。
「早く人間にしてやれ〜」といつも思った。
17.のタイガーマスクのエンディング曲は、オープニングと対極をなす悲しい歌だ。
「みなし児」なんて言葉は今は絶対放送に乗らないんじゃないの。
この両曲を作曲した菊池俊輔氏は、ドラえもん、ドラゴンボール、仮面ライダー、バロム1、アイアンキング、ジャンボーグAから、キーハンター、Gメン75、暴れん坊将軍などまで異常な数のアニメ、特撮、アクション物を手懸けている、この業界のスーパースター?
18.19.の「サザエさん」は現在まで一貫して同じ曲だが、アレンジが時代につれて微妙に変わっている様。
この曲を聴くと、休日の終わりを感じて憂鬱になる「サザエさんシンドローム」というのが一時期伝えられていたが現在はどうなのか。
「笑点」にも同様の話があったが、日曜の夕方の番組(関東地方では)は超長寿番組が多いという事か。
21.の「アタックNo.1」は全然思い入れのない曲だったが、今回繰り返し聴いて、細部まで行き届いたアレンジと、歌い手さん(大杉久美子)の歌唱力、表現力に転がった。
「あしたのジョー」の、♪サンドバッグに浮かんで消える〜という方の曲はなんと寺山修司の作詞で、エンディングの、♪きのうはぐれた狼が〜というのは梶原一騎の作詞。
「ばくはつ五郎」は、ロングヴァージョン?でTV版より長い。
聴き込むウチにTV版よりも全然良くなってしまった。
シャドウズっぽいギターソロが泣かせる。
エンディングの「涙はともだち」は、なんとなくフォーク・クルセイダーズのイムジン河を思い起こす(誉めすぎ?)ような名曲。
あー、このCDが手に入って良かった。

【懐かしのアニメソング大全-3】
1. サスケ
2. 夕やけ番長
3. ドカチン・ダンス(ドカチン)
4. 佐武と市捕物控メインテーマ
5. 妖怪人間ベム
6. ゴーゴーマリン(海底少年マリン)
7. ぼくホワイティ(海底少年マリン)
8. そばかすプッチー
9. 紅三四郎(紅三四郎)
10. 男の荒野(紅三四郎)
11. 花のア太郎(もーれつア太郎)
12. 江戸っ子のスキャット(もーれつア太郎)
13. しのびのテーマ(忍風カムイ伝)
14. どろろの歌
15. 男一匹ガキ大将
16. 行け!タイガーマスク(タイガーマスク)
17. みなし児のバラード(タイガーマスク)
18. サザエさん(サザエさん)
19. サザエさん一家(サザエさん)
20. ムーミンのテーマ
21. アタックNo.1(アタックNo.1)
22. バン・ボ・ボン(アタックNo.1)
23. あしたのジョー(あしたのジョー)
24. ジョーの子守唄(あしたのジョー)
25. ばくはつ五郎(ばくはつ五郎)
26. 涙はともだち(ばくはつ五郎)

posted by judas at 00:11| Comment(8) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

アニメソング考

怪物くん.jpg「大全」の(3)に行く前に小休止。
最近のアニメ主題歌の9割方は、レコード会社とのタイアップで、ヴィジュアル系やストリート系のバンドの曲を1〜2クール毎にとっかえひっかえしている。
それぞれは結構良い曲なのだが、短期間で変わったりアニメの内容と関連性が薄いものだったりするので、愛着が湧き難い。
人気アニメの主題歌になったりすると、新人には格好のプロモーションの場になり、曲が売れるとアニメ自体の人気も上がったりして、かなりの相乗効果があるのは確かだが、昔のアニメの様に歴史に残る名曲が生まれにくくなった。
また、昔のアニメソングはアニメ専門歌手?がいたり、歌の上手い声優さんが歌ったりしていてクオリティが物凄く高かった。
「アタックNo.1」や「エースをねらえ!」や「世界名作劇場」の何曲かを歌っている大杉久美子という人は、表現力が素晴しい。
当然、音域、声量とも凄くって、文字通りプロ。
男性ではアロー・ナイツなどの様にコーラスグループも多かった。
また、細部のアレンジの遊びというか技巧も面白くって、アレンジャー志望の人達にとっては良いお手本になるのでは。
最近では、ケロロ軍曹あたりが遊びながらもアニメの主題歌然としている数少ない例。
再び、アニメから往年の様な永く歌い継がれる名曲が生まれてくる可能性はあるのだろうか。
posted by judas at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

♪キング〜コングはとも〜だち〜さ「懐かしのアニメソング大全-2」

img010.jpg「ばくはつ五郎」が聴けるCDは「懐かしのアニメソング大全(3)」(94年東芝)しかない事が判って、探し回ったが店頭にもネットにもない。
すると、どうしてもヤフオク頼みになる訳だが、なかなか大全の(3)が出てこなかった。
しかし、ようやく2,3,4の3枚組で出品されたのを強引?に落札。
という事で(2)から順番に紹介。





【懐かしのアニメソング大全(2)】
1. マッハ・ゴー・ゴー・ゴー
2. ぼくらのパーマン(パーマン)
3. 冒険ガボテン島(冒険ガボテン島)
4. いつもコンビで(冒険ガボテン島)
5. キングコング
6. 00 1/7親指トム
7. ドンキッコ(ドンキッコ)
8. ドンキッコ・ソング(ドンキッコ)
9. シャダーのうた(冒険少年シャダー)
10. ヤダモン(ちびっこ怪獣ヤダモン)
11. オーノーヤダモン(ちびっこ怪獣ヤダモン)
12. スカイヤーズ5(スカイヤーズ5)
13. スカイヤーズ・マーチ(スカイヤーズ5)
14. おらあグズラだど
15. ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)
16. カランコロンの歌(ゲゲゲの鬼太郎)
17. わんぱく探偵団のうた
18. ゆけゆけ飛雄馬(巨人の星)
19. アニマル1の歌(アニマル1)
20. ナナコの歌(アニマル1)
21. サイボーグ009の歌(サイボーグ009)
22. 戦いおわって(サイボーグ009)
23. あかねちゃん(あかねちゃん)
24. ヒデバロ・ソング(あかねちゃん)
25. ファイトだ!!ピュー太
26. おれは怪物くんだ(怪物くん)

わたし的にこの中の目玉は5の「キングコング」
夏休み毎に再放送されまくっていた(初放送ははS42.4.5〜S42.10.4の半年!)外国アニメ。
「♪こわくなんかないんだよ〜、キング〜コングはと〜も〜だち〜さ〜」という変なコブシのついたフレーズが最高。
この主題歌はアメリカ版?の替え歌かと思っていたら、なんと「作詞作曲小林亜星」という事で驚く。
残念ながらYuoTubeでも映像がなかった。
あとは、スカイヤーズ5が懐かしい。
冒頭の「コマンド飛び出せ、スカイヤーズ!」というフレーズを「ごまんと飛び出せ」だとずっと思っていた。
9の「冒険少年シャダー」の「シャダー わが友」というトコも「シャダーは、まとも」も歌っていたっけ。
子供の頃聴いたアニソンって聞き間違いが多くて面白い。
今では考えられない「アマレス漫画」のアニマル1を歌っていたのはなんと朱里エイコだった事も初めて知った。
懐かしいアニソンはネタの宝庫だ。
posted by judas at 22:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

ファンタ・謎のフルーツ味

謎のフルーツ.JPG今日は、久し振りに電車でアキバへ。
相変わらず混んでいた。
「ばくはつ五郎」の入った「懐かしのアニメソング大全 第三集」はアキバのマニアックなアニメの専門店にも無かった。
あとはヤフオク頼みか。
それと、ウチは既に確保してあったが、11/2創刊の「ジャンプSQ(スクエア)」もアキバの大型書店や専門店から姿を消していた。
コンビニや駅の売店にはまだあったけど。
とりあえず、新月刊誌創刊は大成功みたい。

で、アキバのコンビニでファンタの「謎のフルーツ味」というのを見っけたので、買った。
なんでも二種類のフルーツをミックスしてあるらしいが、何と何のミックスかは分からなかった。
「アップル」と「ピーチ」っぽい味がしたが、そんな単純なものではないのだろう。

posted by judas at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

一足早くゲット

ケロギロ.JPGマクドナルドのハッピーセットのおもちゃがケロロ軍曹のフィギュアになる。
オフィシャルには11/2からなのだが、現在のポケモンのおもちゃ(ポケモンを書けるテンプレートみたいなヤツ)がなくなった店舗は、ひっそりと?ケロロ軍曹にシフトチェンジしている。
ウチから一番近いマック(たぶん小さいんでミニマック)では、ポケモンの配分が少なかったのか、もうケロロになっていたので、速攻でゲット。
マックシェイクを持ってるケロロと、ハンバーガーを焼くスタッフになったギロロ。
これって、結構当たりだったかも。
今回は全66種類という事で、コンプリートは難しいが、ダブる可能性も低い為、リピーターを多く獲得できるという作戦なのかも。

今、これをぶら下げて都心を歩いてると、羨ましがられる事必至か。
posted by judas at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

遂に踏み出した長い道「ジョジョの奇妙な冒険」

ジョナサン&ツェペリ.jpg今、我が家では「ジョジョの奇妙な冒険」ブーム。
これは少年ジャンプに1987年から2004年まで連載された国民的マンガの一つと言い切っても良い程の超人気作(現在では続編がウルトラジャンプで連載続行中)。
80年代にジャンプを読んでいた頃にはあんまりちゃんと目を通していなかったが、きちんと第一巻から読み返すとあまりの壮大なストーリーに感動する。
親子何代にも渡って繰り広げられる「ジョジョ・サーガ」とも言える物語と登場人物達は本当に魅力的。
我が家だけではなく、世間的にもブーム再燃の兆しが見えているのは、しょこたんのブログやしょこたんを感動させた「ジョジョ立ち」サイトが切っ掛けのひとつになっているものと思われる。

そして80年代に「BURRN!誌」に作者の荒木飛呂彦がインタビューされたように、至るところにロックファンをくすぐる名前が出てくるのも大きな特徴の一つであろう。
執念深くジョースター一族を憎む「ディオ」、「トンペティ師」とその弟子の「ダイアー」と「ストレイツォ」、あるいは「ロギンス」と「メッシーナ」「サンタナ」などHM/HR系だけでなけ、幅広いジャンル?から引用されているのも面白い。
画像上はジョナサン・ジョースターとツェペリさんで、下が「黒騎士ブラフォード」
ブラフォード.jpgこのブラフォードが滅法強い上に騎士道精神の塊のような天晴れなヤツ。
武器は、自由に動いて相手を縛りあげる長い黒髪。
で、この髪が動いてモノを掴む原理が、「オジギソウが動く理屈と同じ」だと『説明』している部分には爆笑した後、感心した。
全くの出鱈目を、真面目にスペースを取って図解入りで説明しているオバカさは、素晴らしい。
これだけで、「ジョジョ」に転がったと言っていいかも。
posted by judas at 22:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

超いたちごっこのYouTube

img001.jpg再びネウロネタ。
巨人優勝特番のせいで放送時間が動いた為、観られなかった「魔人探偵 脳噛ネウロ」の初回は、なんとかYouTubeで観る事が出来た。
YouTubeでは、人気アニメがよくアップされるが、アニメや日本人アーティストのPVなどは、速攻で権利元などから削除される。
ネウロも削除された形跡があったけど、再び即アップした人がいたらしく、そのお陰でやっと観れたのだ。
アップ→削除→アップ→削除の超スピードいたちごっこが繰り返されていて、その間隙を縫う事が出来たのはラッキーだった(土日などの休日は削除のペース落ちる様だけど)。
基本的に違法なのは重々承知しているが、TV局の都合などで急遽変更があった場合、このような「救済」はホントに嬉しい。
そう言えば、YouTubeの動画を簡単にパソやPSPなどに保存出来るソフトも出てるらしい。

アニメの内容は、アニメ独自の流れを作っていてマンガの方とはまた違った面白さがある。
アニメーションの美しさや、声優さんのワザ?も素晴らしいと思う。
画像は、9/4に発売されたばっかりの単行本の13巻。
圧巻の「電人HAL編」が終わってちょっと沈静気味だが、次なる「シックス編」の下地作りや伏線敷きが行われているトコ。
アニメとのシナジー効果で、今後益々盛り上がって来る筈。
posted by judas at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人優勝のせいで。

ネウロ.jpg前にも書いた様に、少年ジャンプ連載中の「魔人探偵 脳噛ネウロ」がアニメ化され、放送(日テレ系)が10月2日(火)より始まった。
火曜日の25時29分という事は、水曜日の1時29分と同じだと思うが、テレビなどの放送時間は最近十二進法を無視して表現されてるな。
我が家では何日も前からHDD予約して楽しみに待っていたのに、再生してみるとしょこたんブログでお馴染みの、ギャンブル漫画「カイジ」が始まった。
ぎょえー、なして?
そう、この日ジャイアンツが逆転で優勝を決めてしまった為、優勝特番でその後の番組の放送時間がずれこんでしまったらしい。
テメー、巨人!優勝なんかしてんじゃねー!
おかげで、記念すべき第一回目の放送を見逃してしまったぞ。
たぶん、ウチの他にも巨人の優勝に煮え湯を飲まされた人々がいるかもしれない。
優勝してもなんでもいいから、放送時間をメチャクチャにしてまでビールかけなんか放送しする必要なし。

ちくしょー、DVDが出るまで一回目が観られない。
posted by judas at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

脳噛ネウロ ドラマCD

lEh}.JPG「魔人探偵脳噛ネウロ」好きが昂じて、ドラマCDみたいなオタク度の高いアイテムにハマっているのはー、どこのどいつだい?



わたしだよ!




posted by judas at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

「天元突破グレンラガン」のテーマ曲、空色デイズ大ヒット

OK.jpg日曜の我が家は、早朝からテレ東で「ポケモンサンデー」〜アニメ「天元突破グレンラガン」、そのあとフジで「ゲゲゲの鬼太郎」〜「ワンピース」、ふたたびテレ東へ戻って「ハヤテのごとく」というアニメスペシャルコース。
その内「ポケサン」と「グレンラガン」で重要な役割を果たしているのが、しょこたん。
「ポケモンサンデー」では、ベッキーのポジションを完全に奪い、映画の吹き替えまでゲット。
続く「天元突破グレンラガン」では、オープニングテーマ「空色デイズ」を歌い、しょこたんのブログをチェックしている方々なら御存知と思うが、最新オリコンとCDTVで初登場3位の偉業を達成。

もともと「グレンラガン」の方は、開始2ヶ月位で準主役(事実上の主役とも言える人物で、アイシールド21で言ったらヒルマ先輩的キャラ)が死んでしまうといった、意表を突く展開になったりして注目していたアニメ。
主題歌がしょこたんというのは、実は最近TVCMのスポットが入り始めるまで気が付かなかった。
なんでもこの「天元突破グレンラガン」は、あのエヴァンゲリオンのスタッフが十数年振りだかに製作したらしくてマニア超注目の作品だそうだが、そんな事はどうでもよい程、先の展開が読めなくて面白い。
そんなにオタク向けじゃなくって、ある程度子どもにも分かり易く作ろうとしている姿勢は好感が持てる。
で、そのOPテーマの「空色デイズ」だがストレートなロックチューン。
歌手としてはシングル3作目のしょこたんではあるが、非常に曲にマッチした歌唱を聴かせている。
MISIAとかいった実力派の女性ディーヴァ達が歌えば、そりゃもっとウマイだろうけど、やっぱしょこたんにはアニソンマインド?があって、アニメ主題歌というポジションをとても良く理解していて素晴らしい仕事をしていると思う。
作曲・編曲は斎藤真也と言う人で、作詞はMEG ROCK。
MEG ROCKは、本名日向めぐみというアーティストでアニメ系の主題歌の作詞を手懸けることが非常に多い人の様だ。
めぐみで、MEG ROCKというのは、あの氷室のヒムロックを思い出すが、きっと「目黒区」もかけてあるのだろうと思うと失笑してしまう。
ちなみに現在のエンディングテーマはHIGH VOLTAGEというバンドの「UNDERGROUND」で、これまたカッコいいが、残念ながらすぐに「アフロマニア」という人気バンドの曲に差し替えられるそう。

さて、この「空色デイズ」は、DVD付き通常盤グレンラガン盤の3パターンがあり(各々収録曲が違う)、普通なら文句なく「DVD付き」を買うのだが、このDVD付きは限定仕様ではなく、永久仕様らしい。
むしろ私の買った「グレンラガン盤」(画像)の方が、7/31日までの限定生産で、しょこたんが、アニメの登場人物「ヨーコ」のコスプレをしたミニ写真集(小さいながら写真点数が多く美麗)と、しょこたん自身と、例のMEG ROCK嬢のライナーノーツ付き。
曲もTVサイズのヴァージョンが2パターンカップリングされてる。

バラエティ「ドッカーン」のリヤカー先生も好調だし、まさに頂点に昇り詰めつつあるしょこたん。
どこまで行けるか、見届けようと思う。
posted by judas at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

ダンシング・シスター

LO~.JPGアニメのケロロ軍曹のエンディング・テーマを「キグルミ」がやっていたのは知っていたけど、ノーランズの「ダンシング・シスター」のカヴァーをやっているのは知らなかった。
土曜日版の「めざましテレビ」のテーマ曲として使われている。
この2曲がカップリングという事で、一応入手。
当然、初回限定のBOXを。
この初回限定BOXには、ケロロ軍曹のテーマ「くるっと・まわって・いっかいてん」がメインのケロロ軍曹BOXと、「ダンシング・シスター」がメインの「めざましどようびBOX」の2パターンがある。
ジャケットと、初回特典のローラースタンプ(コロコロ転がすと絵がスタンプされてくやつね)の柄が違う。
多分CDエクストラ(懐かしい言葉)に収録されているブロック崩しみたいなゲームは同じゃないかと思う。

で「ダンシング・シスター」のカヴァーがなんとも良い。
元歌が良いのは勿論だが「キグルミ」独特の世界と見事に融合されている。
多分YouTubeなんかに一杯あると思うから聴いて欲しい。
日本語のチョイスも素晴らしい。
ウチにはボニーMもKC&ザ・サンシャインバンドもシルヴァー・コンベンションもあるが、ノーランズのベストがなかった。
それって、日本人としては恥ずべきかも。
このベストちょっといいぞ。
紙ジャケ出ないか。

posted by judas at 22:09| Comment(6) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

ケロロ軍曹ぞーさんギター

P][T.jpg
やっぱ軍曹人気衰えず。
コレ結構欲しいかも。
バンダイのネットショップで予約できる(製造元はモチフェルナンデス)。
完全受注生産らしい。
posted by judas at 17:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

ケロロ軍曹 超劇場版2

昨日、ケロロ軍曹の新作映画を観に行った。
一作目は、「怪傑ゾロリ」と併映の短編(一時間弱位だったか)だったのでスルーして、後にDVDでレンタして観ただけだったのだが、出来は結構良かった。
で、今回観た二作目は更によく出来ていて、非常に面白かった。
元モー娘。の辻ちゃんの声も(予備知識なしで観たからもあるけど)違和感なく、音楽関係も良かった。

P{[.JPG劇場でこんなグッズも買った。
今回の映画の中でも重要な役割を果たす「ケロボール」のリバーシブルぬいぐるみ。
ひっくり返すと「ケロロ軍曹」になるスグレモノ(?)





PoOVu.JPG小さい子向けにシフトチェンジした感があった「軍曹」だが、ガンダムファンであったであろう、その子達のパパ世代も巻き込んで再び原点に戻ろうとしているかも(小さい子には「チビケロ」で対応)。
シャープの亀山工場のように、バンダイの静岡工場(ガンプラを作っている)も有名になった。
関東地方では、4月から元々の放送時間の土曜朝10時に戻る事もあり(会社勤めのお父さんに考慮か)、まだまだ軍曹人気は衰えそうも無い。
posted by judas at 23:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

屈指の名作マンガ「1・2の三四郎」

OlY.jpgしばらく前から、マンガ本のマイブームが来ていて、「MAJOR(メジャー)」の1〜62巻を読破したり、往年の隠れ名マンガ「スーパードクターK」(ブラック・ジャック+北斗の拳としか表現出来ない破天荒な作品だがメチャ面白い)を全巻読んだりした。
最近はレンタビデオショップでも、DVDそっちのけでマンガばっかり借りていた。

で、私は子どもの頃から色んなマンガを読んで来たが、敢えて3作品選ぶとすると「ブラック・ジャック」「ドカベン」「1・2の三四郎」と言う事になるかも知れない。
勿論、他にも多数ハマった作品はあるが青少年期に多大な影響を受けたマンガと言えば上記という事になるだろう。
相当なコレクション?があった筈だが、結婚や引越しでかなり処分していて、現在はそれらの名作を読むが出来なかった。
が、最近「1・2の三四郎」の文庫版コミックスが存在する事を知って集め始めた。
2000年の発売だそうだが、廃盤(絶版?)状態らしく、Book Offや「古本市場」やネットを駆使しながらなんとか揃える事が出来た。
「1・2の三四郎 2」(こちらは未読だった)も文庫版で買えた。
ラグビー、柔道、プロレスなどで活躍するのだが、通常のスポ根とは全然違う。
ギャグマンガとしても最高のクオリティを誇り、思いっきり笑わせておいて感動させるという、ある意味ズルイと言える程本当に素晴らしいマンガだと思う。
登場人物も全て非常に魅力的で、成海頁ニや五頭信は大好きだ。
続編の「2」は青年誌に連載されていた事もあって、アダルトな内容?を含むが、作者のプロレスに対する愛情が強く感じられて感動は「1」の方と同等以上。
こっちもホントに面白い。
そして更に「格闘探偵団」という東三四郎が主役のシリーズもあるという事を最近知った。
これも面白そうなので探してみたい。


posted by judas at 22:21| Comment(0) | TrackBack(2) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

ジャンプフェスタ 2007

????±.JPGちょっと書いた様に、12/16に、幕張メッセのジャンプ・フェスタ2007へ行って来た。
去年も行ったのだけれど、今年は更に人出が多い様に感じた。

我が家も今年の方が、親ジャンプ度が増した為より楽しめたかも知れない。
「ワンピース」「ナルト」「アイシールド21」「銀魂」などの超メジャー作品だけではなく、「リボーン」、judasオススメの「魔人探偵脳噛ネウロ」や次の大ブレイク候補N0.1「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」などもちゃんと読んでるから、細かい展示や、コスプレイヤー達が何になっているのかも結構分かって面白かった。

〓〓〓〓〓[〓.JPG去年は、こういったコミケ系のイベントに慣れていなかったせいか、疲れてスグ帰ってしまったが、今年は各ゲームメーカーのブースなんかもきちんとチェックして来た。
ニンテンドーでは「Wii」の試遊機が大量にあって、ウチの子もゼルダの新作をやって来た。
「Wii」のソフトのプロモはどこのソフトメーカーでも異常に凄かったが、ソニーのプレステ3は殆どなかった。
ニンテンドーの勢いは本当に凄い。
ゲーム関係業界は「スクエア・エニックス」や「バンダイ・ナムコ」「タカラトミー」などの様に、統合、合併などが盛んだったが、必ずしも連携が上手く機能しているところばかりではないかも。
どこかと結託しないでも一枚岩でやっていける「ニンテンドー」はやはり強い。

Wii.JPGまた、コスプレイヤー(レイヤーというらしい)達も、去年異常に多かったかも。
やっぱ「ナルト」「ワンピース」「銀魂」「ブリーチ」あたりの人気が高かった様。
渋いトコでは、全然似ていなかったがワンピースに出てくる「CP9」のボブ・ルッチをやってる女の子がいた。

非常に人出が多くて疲れたが、今一番活気のある業界のイベントで或る事は間違いない。

〓〓〓.JPG☆画像は上から順に、「デカイ銀魂の銀さん」、「巨大なスライムが浮かぶスクエニブース」、「Wiiの試遊機で遊ぶ人たち(イベントコンパニオンのお姉さんの説明付き)」、「ムヒョとロージーのミニアトラクションに出てくる冥王(これもかなりでかい)」。



posted by judas at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

Play The Game Tonight

DQM.jpg昨日も書いたけど、現在のゲーム戦争は熾烈を極めている。
かなりスリリングで目が離せない。
DS(含むLight)は1,200万台売れているそう。
均すと日本人の10人に1人が持っている計算。
「脳を鍛える大人のDSトレーニング」シリーズのソフトが700万本売れているというのも驚く。
シリーズ全体とは言え、700万と言えば日本史上最も売れたアルバムのウタダヒカルの1stと同じ位。
ドラクエ9は恐らくこれを大きく凌駕して、史上最も売れるゲームソフトになりそう。
年末に出るドラクエ関連ソフトの「DQモンスターズジョーカー」も前哨戦的に売れまくりそう。


で、話は変わるけど、タイトルの「Play The Game Tonight」は当然KANSASの曲から。
それにしてもKANSASって、何故紙ジャケが出ないんだろう。
売れなさそうだから?
見開きモノが少ないからか?(「モノリス」と「偉大なる聴衆へ」くらいだっけか)
確かに紙ジャケ買った時、オリジナル通りとは言え、シングルジャケよりは、見開きジャケの方が嬉しい気がするけど。

RUSHはレコード会社的に難しいらしいが、KANSASはソニーだから可能性は高い筈なのに。
posted by judas at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

Games People Play

〓〓??.jpgドラクエ9が、ニンテンドーDS向けのソフトで発売されることが決まった。
同シリーズの本流(ナンバーのついたもの)では、初の携帯ゲームでの新作発売となる(リメイク盤は除く)。
ドラクエの7、8や、4、5のリメイク版をプレステに取られていたものを、見事に取り返した感じ。
これは、デカイ!
未だに、入手困難な程売れ続けるDSだけに、ドラクエ史上最大のセールスを記録する可能性は大。
ソニーのPSPや、プレステ3にとっては存亡の危機と言えるかも。
あれだけ、一世を風靡したプレステシリーズだが、ヘタすりゃ、あのβビデオのように淘汰され、ごく一部のマニアだけに愛好されるカルト的ゲーム機になってしまうのか。
メチャクチャ極論だけど、あの頃βビデオが消えて行くなんて思った人は少なかっただろうと思う(完全に無くなった訳ではないらしいけど)。


ゲーマーの気持ちをより理解したのはソニーよりも、花札時代からずっと「遊び」について考え続けていた任天堂だったということか。

【画像は、公開されたドラクエ9のもの】
posted by judas at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

FFやり込み中

FFEXP.JPG先週近所でたまたま入荷があったので速攻でゲットしに行ったのだが、そろそろニンテンドーDS Lightが、以前に比べて入手し易くなって来た様。
ただし去年のDS同様、今年もLightはクリスマス後から年始にかけて、再び品不足が予想される。
クリスマスにお子さんからリクエストされてる親御さんは、今のうちに密かに確保しておいた方が良いかも。


という事で、ファイナル・ファンタジーIIIやり込んでて「Kiss Like Judas」サボリ気味です。

メポ(<●><●>)
posted by judas at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

「南極物語」と「ヴァンゲリス」と「ウルトラQ」

ブレード・ランナー〜ザ・ベリー・ベスト・オブ・ヴァンゲリス
早朝だとサクサク行くなあ、ライブドア。
昨日(3/18)の夜はすっかり映画「南極物語」に見入ってしまった。
てっきり子供向けの可愛い映画だと思っていたので、ちゃんと観たのは初めて。
ところが、健さん、渡瀬恒彦、夏目雅子などが出てくる意外にヘビーでスリリング(?)な作品でビックリ。

ココを読んで下さっている方の98%は「南極物語」と言えばヴァンゲリスを思い出すだろう。
ウチにも上記のベストがあったので、劇中かかる曲には馴染みがあった。
しっかし、このベストは結構スグレモノ。
コアなファンの人には鼻で笑われそうだが「ヴァンゲリスって何者?」「シンセってどんな楽器?」という人には、絶対の自信を持ってオススメ出来る。


だが、私は「タロ」と「ジロ」と言えば「ウルトラQ」の「ペギラ」を思い出してしまうのだ(折角、ロックな話題で始まったのにまたこの路線に突入!)。
ウルトラQはリアルタイムギリギリ(3歳位?)だったので、非常にうろ覚えなんだけど、南極の日本基地がペギラという怪獣に襲われてしまう。
そこでポイントになるのが南極に棲息するコケ(架空)に含まれる「ペギミンH」とか何とかいう成分。
ペギラはこの「ペギミンH」が弱点で、人間達はこれをロケットで打ち込みとりあえずペギラから逃れることが出来る。
で、劇中この「ペギミンH」が語られる時、「あのタロとジロはこのコケのペギミンHのお陰で生き延びる事が出来たのだろう」という件りがあったと、強く記憶している。
ペギミンHはとても栄養が高く、またペギラの襲撃からタロとジロを守ったという事らしい。
今考えると、国民的な出来事と架空の怪獣を結びつけたのは少々図々しいのかもしれないが、私は随分大きくなるまで「ペギミンH」とそのコケの存在を信じていた。

また、このペギラはスタッフ達から愛されたようで、その後もう1度「ウルトラQ」に登場して、今度は東京を氷漬けにしてしまう。
その時も「ペギミンH」によって駆逐されるのだが「ウルトラマン」か「ウルトラセブン」にも、ペギラに姿が酷似した「チャンドラー」という怪獣が出てくる。
明らかにヌイグルの使いまわしだった(?)が、スッタフのこだわりが強く感じられる。
posted by judas at 23:39| Comment(6) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

FFXII   プレイ・スタート

ファイナル訳のわからんロック・ブログから「アキバ、ゲーム関係ブログ」に華麗な転身を遂げた「Kiss Like Judas」ですが、今日も行って参りました秋葉原。
少し前の「渋谷系」よっか今ずっとお洒落なのが「アキバ系」
金曜の夜という事もあり、日曜の原宿並の人出。

昨日は見送った「ファイナル・ファンタジーXII」だけど、やっぱ今日は買ってしまった。
意味のない「になき」(マージャンで欲しい牌が場に出ても、すぐにポン・チーしないで、次のチャンスまで待つ事)はなんだったんだ。

FFXIIは、非常にグラフィックが綺麗で、冒頭のムービー部分は完全にハリッド大作の映画並。
バトルシステムは難しそうだが、ウチの子はすぐに馴染んでいた。

葉加瀬太郎の演奏する「希望」というテーマ曲も大ヒットの予感。
posted by judas at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

アキバ狂騒曲

けろろDS狂騒のアキバから先ほど帰還。
結構降ってる雨もものともせず盛り上がっていた。
秋葉原駅と繋がっているヨド○シカメラの入り口には、本日発売のファイナル・ファンタジーXIIを求める長蛇の列が出来ていた。
単純に値段だけならもっと安い店があるのだが、場所があまりにも良いせいか多くのお客が集中してしまう。
ポイントのレートが他店より良いのかもしれない。

以前にも書いたように私は今回はやはり今日発売「ケロロ軍曹」のゲームを、子供のリクエストで買いに行った。
CDなどと同じ様にゲームも前日には入荷するのだが、正規の発売日より一日でも早く店頭に並べるとメーカーにペナルティを科せられるそうだ。
昨日の夜「予約している者ですが、近くにいるのでこれから行きます」と言ったら、そのように店員さんが言っていた。
CDなんかは前日ゲットが当たり前だし、ネットでも発売日前に届いたりするのに、ゲームソフトの世界は厳しい。

お目あての予約特典は画像の特製「ニテンドーDS」ケース。
これは意外に立派だった。
早速ハマってやっていたが、きっとごく近いウチにFFXIIに興味は移るに違いない。
今回のFFは即飛びつかないで状況を見ていると、第一波が品切れしそうなくらいの勢いで売れている。
再入荷分はきっと初回より高くなったりしそうなので、早めに手を打つ方が得策か?
posted by judas at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

限定BOX版 ポーション

限定ポーション3/7に書いた「ポーション」の限定ヴァージョンをゲット。
都内のコンビニ等では軒並み品切れになっていたけど、地元のコンビニにはあった。
1本630円(税込み)だが、やっぱ「ポーション」はこういう形でなきゃ。
ビンの形は全6種類あって、どれが出るかは買って箱を開けるまで分からない。
3個だけ買ったが、早くもダブってしまった。
また、結構立派な材質のカードも一枚封入されている(こちらは全27種)。

冷蔵庫で冷やしていると、なんか化粧品のビンが冷蔵庫の中に入っているような感じだ。
posted by judas at 23:30| Comment(0) | TrackBack(1) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

またまたゲームの話

62b017c7.jpgさて、今日もヲタク路線まっしぐらの「ゲームの話」
3/16にはファイナル・ファンタジー以外にも強力なゲームが発売される。
超劇場版ケロロ軍曹 演習だヨ!全員集合
がそれだ。
ウチの子はこっちの方に即反応した。
モチ、FFもやる気満々だけど。

このケロロ軍曹の「DS版」初のソフトは10種類以上のミニゲームが楽しめるものらしい。
本格RPGが好みのウチの子だが、このミニゲームがとても面白そうなので異常に期待している。
中でもプロレスゲームの様なものは是非やりたい。
画像の様に、ギロロがケロロを見事な「へそで投げるバックドロップ」で投げたりするらしい。
キャッチの様に「お父さん世代は涙もの」なのだ。
posted by judas at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

ファイナル・ファンタジーXII、もうすぐ発売

1e1a1399.JPGTVCMがガンガン流れているように、ファイナル・ファンタジーXIIが3/16に発売になる。
それを記念して某大手飲料メーカーから「ポーション」が発売された。
こちらも、コンビニにポーションを買いに来た男女がバトルを繰り広げるCMが大量に流れている。
「ポーション」とはFFに出てくる回復アイテム。
ドラクエで言ったら「薬草」、ポケモンなら「キズぐすり」みたいなもので、ゲーム開始直後にはとても重要。
「エリクサー」や回復呪文が使える様になるとだんだんいらなくなってくるが。

で、この飲み物の「ポーション」は1本200円(ゲーム内ではたったの50ギルだ)で、若干高い気もするが、プロポリスなんかも入っていてそれなりに効きそう。
posted by judas at 23:37| Comment(6) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

I&YOU&I&YOU&I  & クイズ番組の話

843db691.JPGやっとウチの近所で「All of タンポポ」を発見。
中古で750円なので良い買い物かも。
紙ケースに入っていて綺麗。
それにしても、モー娘。ファミリーのファンの人達は、CDを殆ど聴かないで売っちゃうんだろうか。
以前買った「Together」に続いて、中古なのにメチャ状態が良い。
って言うか、殆ど聴かれた形跡がない。

それはともかく、まだあんまり聴いてないのだけど「I&YOU&I&YOU&I」は良かった。
皆さんが言うように「PILOT」(英国のバンド)っぽいキューンとしたギターが入ってて、ちょっと転がる。
永井ルイ氏のアレンジによる曲は、その他に「乙女パスタに感動」と「王子様と雪の夜」(ギターソロにニヤリ)が収録されている。
真性のアイドルファンには、分って貰えるかどうかはわからないが、非常にサウンドは気持ち良い。
予算を潤沢に使って、ポップスマニアが遊んでる感じ。
こんなのを聴くと、この前ネット・オーダーしたのにまだ来ない、永井氏の「Ooparts」が早く聴きたくなる。



昨日書いた、日本語クイズ的な番組について補足。
別に、日本語クイズに限った訳ではないけど、ある程度問題を簡単にしないと数字が取れないのだと思う。
高学歴で博識の回答者に混ざって、バカキャラ(本当にバカである必要はない)を入れておいて「なんだコイツ、こんなのも分らないのか」と視聴者に優越感を与え、また観たくなるように仕向ける、という構造なのだろう。

私としては、こんな視聴者と数字を意識したクイズではなく、ガチンコの総合格闘技の様なクイズ番組がみたい。
私が子供の頃、ショー的要素が殆どない「クイズグランプリ」という番組を、なんと毎日15分ゴールデン(PM7:45位からやってた筈、スター千一夜とセットになっていた印象)で、放送していて、毎日観るのがとても楽しみだった。
今にして思えば、色々筋書きもあったのだとは思うけど、子供の私には真剣勝負に見えた。
ああいうクイズ番組をもう一度復活させて欲しい。

ココにかなり詳しくて、正しい(judas私感)解説あり。

後半は久々に「judas言いたい放題」になってしまった。
posted by judas at 23:03| Comment(6) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

ケロロ軍曹11巻

f2b0fc1c.JPG永井ルイ氏が、心ある洋楽リスナーの間で高く評価されている事を知り、もっと色々チェックしてみようと思った。
私なんて、名前も殆ど知らなかったばかりか、男か女かも分からなかった(笑)のに。
「永井」と言えば荷風か豪か美奈子くらしか思い浮かばなかった...。

「クィーンっぽい」アレンジという点においても、judas家では非常にタイムリー。
ウチでは、ある理由で今QUEENモード。
正確には、QUEEN+PAUL RODGERSだけど(謎)。

それはさて置き、永井ルイが「ケロロ軍曹」にも絡んでいるなんて、恥ずかしながら知らなかった。
Come On! Come On!ってなんのパロディなんだろか。

で、またまたタイムリーにも、本日「ケロロ軍曹」の11巻初回限定ケロロボックスが入荷したの連絡があり、速攻でその書店に寄ってきた。
これには限定で精密なフィギアが付いていて、マンガの単行本でありながら1,995円もする。
しかし、完全限定で注文は確か5月位に終了していて、ある意味「受注生産」と言えるレアものなので、満足度は高い。
通常版は10月の8日頃の発売予定だから、2週間近くも早く最新刊が読めるし(真の目的フィギアよりコレだった)。
月刊誌連載だから、単行本1冊出るのに8ヶ月くらいかかった。
ほんとに長かった.....。


ヲタク道まっしぐらのjudasです。
posted by judas at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ケロロ&地震

1fe3232d.JPG今日は、千葉県松戸市にあるバンダイ・ミュージアムへ。
ここは以前にも一度行った事があるが、8月一杯はケロロ軍曹がバンダイ・ミュージアムを乗っ取るというので行ってみた。

キャラクターワールドという有料(300円)の展示コーナーに、ケロロ軍曹の部屋が再現されていたり(画像上)、撮影コーナー(画像下)があったりした。
またスタンプラリーで、シールの賞品が貰えた。
曜日によってはキャラクターショーや、館内見回りタイムがあるそう。
グッズもいつもより多く売られているのかもしれない。
今やバンダイミュージアムに一番お客さんを呼べるのはケロロ軍曹だろう。
勿論ケロロ軍曹のお陰で(「電車男」のお陰でもあるかも)新しいガンダムファンも開拓されていそう。

bea5683e.jpgそしてちょうどケロロ軍曹のグッズを見ていた頃、例の宮城が震源の大きな地震(松戸でも震度4)があった。
バンダイミュージアムは細長いビルの5階から8階までを占めているのだけれど、かなりの大きな揺れを感じた。
エレベーターや、エスカレーターまで止まって、一瞬騒然としかけたが、商品が落ちたりもせず、パニックもなくすぐに落ち着いて良かった。
等身大(?)のガンダムロボ(この表現があってるかどうかはわからないけど、ガンダムにでてくるロボット(?)の意)も何体かあって、そんなのの下敷きになったら堪らなかっただろう。
でもコアなファンなら本望?

それと、ケロロ軍曹の映画化が決定して、2006年の春休み公開予定。
これは、電車男の映画以上にヒットする可能性ありか。
posted by judas at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

ケロッチ

11b804df.JPG以前も紹介した月刊少年エースの増刊号の「ケロロランド」が季刊(?)から隔月発行になった。
今回は隔月化の第一弾でその名も「ケロロランドVo.1」
税込み580円ながら今回も付録が凄い。
「ケロッチ」という腕時計と、紙製ながらゼンマイ搭載で走る「ケロロバス」が付いて来る。
ケロロ軍曹のコミュでは「買えない!」と焦っている人や、「2冊買うのは当然」という人達などで大騒ぎになっている。
各地でのキャラクターショーも大盛況の様だし、放送時間が変わって「オタク」の皆さんのものから「子供達のもの」へのシフトも順調みたいだ。
夕方放送になってから、殆ど見る事が出来なくなったのは残念だが、外国語版も多く出ている(ウチにも英語版が1冊あったりする)し、世界を狙えるキャラかも。
posted by judas at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

放送時間変更はどうか。

5833912a.jpg4/9の撮影会、デジカメじゃなくって、アナログ(?)のカメラで撮ったケロロ軍曹。
たまたま、私の前に陣取っていた軍団が動いた為、障害物なしで目の前にケロロが。
私も焦ったが、ケロロも少し固まってしまっていた(笑)。
数秒のお見合い状態のあと、シャッターを押す。

当初、サイン会が行われると発表されていたらしいが、この手では無理だろう。
posted by judas at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ヲタクへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする